【日記】体調不良で苦しい時ほど周りの人が冷たい

 ここしばらく体の調子がめちゃくちゃ悪くなって、これからの人生を悲観していたのですが、今は元気になったので安心しました。このまま一生元気なままで生きていたいです。元気なまま120歳まで生きていたいです。今までの人生は思うとおりに生きられなかったので、せめて長生きしたいのです。

 私は定期的に体の具合が悪くなることがあるのですが、今回は本気で仕事をやめて生活保護を受けることになるんじゃないかと思い悩んでいたんです。もしそんなことになったら、飼い猫が病気になって治療にお金がかかるとなったときにどうするの…と、不安感でいっぱいでした。

 世の中には私より体の具合が悪くてロクに働けず、でも病院に行っても原因も治療法も見つからないと言う人が大勢います。その人たちが普段どんな生活をしているのかと考えると、心が苦しくなります。

【絶望】俺、働いてもすぐ辞めてしまう理由がこれ・・・ 投資ちゃんねる

 ↑のリンク先の記事で、働いてもすぐに仕事をやめてしまうと書いている人は、たぶん私よりも体の具合が悪くて困っている人です。そして案の定、周りの人の理解は得られていないようです。

 私も体調不良で苦しい時ほど周りの人が冷たいと言う事は、実体験としてわかっています。苦しくて愛想笑いも出来なくなるから、態度の悪いムカつくやつみたいに思われるんです。

 たまに具合が悪そうだと気づいて心配してくれる人もいますが、少数派です。体が思い通りに動かせないのも、いつもより仕事が出来なくなるのも、怠けてるだけに思われるんです。こういう事が積み重なって私は人間が嫌いになったのです。

 リンク先の人は自分は覚えが悪いと書いてますが、体調に波のある私はわかります。体の具合が悪い時は新しい事が覚えられないんですよ。拷問を受けながら仕事をしているのと同じことだから。

 体の具合が良い時は、新しい仕事をすぐ覚えられるし、何をやっても早く終わるしミスもしないしで、もしいつもこの調子で生きられたなら、私の人生は全然違うものになっていただろうなと思うのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【PUIPUIモルカー】「モルカー13話」と「モルカー14話」がTwitterでトレンド入りした件について【集団幻覚】

 前提としてPUIPUIモルカーは12話完結で、すでに放送終了しています。もしかしたら二期放送が決まるかもしれませんが、今のところキャラクターグッズなどの発売情報が流れてくるばかりです。

 私はモルカーが終わった事を素直に受け入れて、「せめてこの思い出を忘れないように、できる限りモルカーのイラストを描くんだ」とか思っていました。しかし、Twitterのモルカーファンは、まだまだモルカー世界で遊びたかったみたいです。

 最終回が放送された次の週の火曜日、なんと「モルカー13話」がトレンド入りしているではありませんか。大勢の人が自分が見た13話の感想をツイートしているんですけど、全部内容がバラバラなんです。あたりまえです。モルカーは12話で終わったのです。

 モルカーに終わってほしくなかったファンが、自分が見たいモルカーのエピソードを、本当に放送されたかのように感想としてつぶやいているのです。オタク特有の「自分の見たいものが無かったら作る」の精神です。

 「モルカー13話」がトレンドしたことは、多数のニュースサイトに取り上げられました。

「PUI PUI モルカー」存在しない13話がトレンド1位 ファン集団幻覚か – ライブドアニュース

 そしてさらに次の火曜日。さすがにもうねえだろと思ってたら、また「モルカー14話」がトレンド入りしています。えっ、まだ続けんの?

集団幻覚「モルカー14話」先週に続きトレンド入り 「新年度にふさわしい回だった」「モ繧カー14話も良楢ゥア繧あ」 (2021年4月6日) – エキサイトニュース

 次の火曜日が来たら「モルカー15話」がトレンド入りするのでしょうか。トレンド入りしたら嬉しいですけどね。それだけモルカーの事を好きな人が大勢いると言う事だから。ただ、普通に考えたらモルカー集団幻覚は、これからだんだん減っていくと思うのです。

 たとえ15話がトレンド入りしたとしても、いつかはトレンド入りしなくなる日がやってくるのです。そうなったら本当にモルカーが終わってしまったみたいで、ちょっと寂しいですね。トレンド入りしなくても、火曜日が来るたびにひっそりと行われる慣習みたいに定着するのでしょうか。

 もうどうせだから、二期が始まるかこの世界が終わるまで、火曜日が来るたびにモルカーの集団幻覚が発生しててほしいです。

 好きな作品の二次創作として、「イラストを描く」「漫画を描く」「小説を書く」までは知っていたのですが、「存在しない幻のエピソードの感想を書く」と言うのもあるのだなと、新しい知見を得ることができました。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】忘れかけていた木嶋佳苗への興味が揺り起こされてしまった

 4月6日、テレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で、死刑囚の木嶋佳苗について放送されました。木嶋佳苗は、婚活で知り合った複数の男性から金を騙し取り、嘘がばれそうになると殺害していた、結婚詐欺師であり連続殺人犯です。

 この事件に対する世間の関心や、木嶋役を担当した女優さんの熱演などから、ツイッターで「木嶋佳苗」がトレンド入り。私は長年忘れていた木嶋佳苗への興味を、再び揺り起こされてしまいました。

 再現動画の女優さんは、体型はふくよかだけど顔立ちは本物の木嶋よりもはるかに美人です。私がこのニュースを初めて知ったときに、世間に出回っていた木嶋佳苗の写真は、もっとインパクトのある容姿をしていました。

 はっきり言って太めの体型である上に、不美人。「なんであんな女に騙される男がいるのか」そう思ったのは私だけではないらしく、ニュースが流れたその日から、私の周りで木嶋の容姿が世間話のネタになっていました。あまりお上品な話題ではありませんが…。

 大変失礼ながら、はじめの頃は「木嶋に騙された男性たちも、どこかおかしいんじゃないの」と思っていました。それがどうも単純な話ではないらしいと気がついたのが、木嶋についてのより詳しい情報が入ってきたからです。

 まず、ニュースについて報道がされていた時期に、世間に出回っていた木嶋の写真。あれと実物の木嶋とでは、印象が全く違うと言う事です。報道に使われている写真は極めて写りの悪い写真で、実物は上品で清潔感があって、非常に印象の良い女性に見えると言う話が伝わってきたのです。

 さらに、鈴を転がすような美しい声、知的でユーモアのある会話、ペン習字のお手本のような美しい手書き文字、料理の腕前はプロ並み…。後から出てきた木嶋の情報は、彼女の持つ素晴らしい要素ばかりでした。私の中の木嶋佳苗像は、それまでとは全く違うものになりました。

 そして、「そんなにも良い部分をたくさん持った人なのだったら、どうして結婚詐欺に殺人なんて馬鹿な事をやらかしてしまったのか。自分の人生も滅茶苦茶になるのに。能力を正しく活かせば、いくらでも良い人生を送れたのに、勿体無い」と、彼女のアンバランスさを不思議に思い、気になって仕方なくなってしまったのです。

 もしも私が木嶋佳苗と同じくらい人とうまく接する能力を持っていたら。「もっといい人生を送れていただろうな。そしたら詐欺も殺人も絶対やらないのに…」そう思ってしまいます。コミュニケーション能力に難を抱えて、人間関係に苦しみ続けた私にとって、木嶋佳苗は羨望の的になってしまいました。

 時が流れ、あれだけ過熱報道された木嶋の話題も、世間一般からはすっかり忘れ去られました。私も今回話題になるまでは、木嶋に対する興味を忘れて、自分なりの人生を生きていたのに。ああ、また木嶋さんの能力が羨ましくなってしまう。しかも木嶋さんって言っちゃった。

 私は木嶋佳苗についてのツイートを一通り読み漁ったあと、木嶋関連の記事を片っ端から検索して読もうとしました。そして途中でやめました。気がついたのです。どうやら彼女の能力は、私が思っているほど羨ましい物ではないと。

 昔、木嶋佳苗と同じマンションに住んでいた人の話では、木嶋はいつもスッピンでお洒落もしておらず、話しかけても恥ずかしがって、うまく言葉を返せないような人だったそうです。彼女が偽りのセレブ生活を始める前の事でしょうか。

 小学生の頃は大人しくて孤立しがちだったと言うし、おそらく木嶋佳苗の本当の姿はこっちなんじゃないでしょうか。自分の理想とする偽りの姿を、完璧に演じることができてしまったのが、本人と犠牲者の不幸の始まりでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】何かをインターネット上で紹介するという事

 トゲッターで見つけた記事です。自分の好きな本の事をTwitter上でつぶやいたところ、ツイートに影響されてその本を買う人が出てくることに驚いたという内容です。

Twitterで驚いたこと。軽い気持ちで「この本、面白かったな」と呟いたら、それを読んでその本を買うやつが本当に出てくること。→その気がなくても背中を押されている人がいるという話 – Togetter

 最初のツイートを書いた人は、自分は最後の一押しをしただけで、元々買うかどうか迷ってただけなんだろうけど…と思ってるみたいなんですが、私はTwitterで初めて見たものに興味が湧いて、買ったりハマったりした事が何度かありますよ。

 今までに買ったものはエッセイ本とか漫画とか、本が多数ですね。他に、「かじるバターアイス」はTwitterで知った後に、タイミングよくお店で売っているのを発見して、つい買ってしまいました。お金を払って見たわけではないけど、モルカーとちいかわにもハマりました。

 今は思いつかないけど、ネットで知って買ったもの、たぶん他にもいっぱいあります。前から知っていて迷っている段階ではなくても、インターネットで初めて出会い、いきなり深い興味を持ってしまうことだってあるのです。

 私はインターネットを利用できるすべての人が、自分が持ってる良い商品の情報や、生活の知恵などを開示していくべきだと思ってるのです。「一般受けしないよね…」とか「自分が知ってる事なんてたいした情報じゃないよね…」とか思わないでください。

 もう頭の中に思い浮かんだ時点で、使命を与えられたと思って詳しく書いていただきたいと思います。その情報をまだ知らない人が大勢います。あなたの文章がきっかけで、運命の出会いをする人がいるかもしれません。

 こんなことを書いていますが、私は自分の持ってる情報をすべて開示できているかと言うとできてないですね。今までの人生で出会った素晴らしい物はたくさんあるはずなのに、今それについて書けるかと言うと頭の中で整理しきれていないので書けません。

 今はブックマークしたままちゃんと読んでなかった大量のページを消化しようと、ネット上の記事を元にしてブログを書いています。これは自分の考えを文章にする訓練になっていると思います。毎日少しずつ自分の頭の中身を整理しています。

 記事をじっくり読むだけじゃなくて、文章に書く事でより理解と記憶の定着が出来るような気がします。私の頭だから大した結果にはなりませんが。

 私がネット上の記事を元にしてブログの文章を書く事で、ここから元の記事に飛んでいく人もいるかもしれません。その人たちが自分にとって有益な情報を見つけられたなら、私の文章も少しは意味があったと言う事になります。 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】褒めてくれる人がいたとき、とっさに正しい対応ができる大人になりたい

 今日Twitterで「褒められても素直に受け止められない」と言うツイートを見て、共感してリツイートしてしまいました。人生で自分の事を褒めてくれた人だっていたはずなのに、自分に親切にしてくれた人も、楽しかった思い出だってたくさんあったはずなのに、理不尽に貶される事が多かったってだけでここまで受け取り方が歪んでしまうんです。

 心から褒めてくれたかもしれない人に対して、疑うような気持ちを持ってしまって申し訳ないです。そして、とっさに褒められた時の正しいリアクションをとる事が出来ず、何となくぎこちない受け答えになってしまって、相手に居心地の悪い思いをさせているのが伝わってきてとてもつらいです。

 正しいリアクションは正しい環境で育った人間にしか取れないし、間違った環境で育った私は正しい世界の人間とは関わらずに生きていくのが一番いいんだろうなあと思ってしまいます。

 何となくギクシャクしてしまうだけならまだマシなんですが、自分なんかが人から褒められるわけがないという強い思い込みから、褒められた記憶自体が脳内から消えてしまう事もあります。そうすると褒めたほうは自分の存在を軽んじられているように感じて傷ついてしまうのです。

「自己肯定感がない人を褒めても受け止めてくれないから褒めた側のHPがどんどん減っていく」という話に意見続々 – Togetter

 私もこれ何度かやらかしているような気がします。わざとやった事ではなくても、自分のせいで罪のない人が嫌な思いをしているのは事実ですから、何とかして改めないといけないですね。

 褒められた褒められてない以外にも、自己卑下の気持ちが強すぎて、自虐的ジョークのつもりで言ったことが人を不愉快にさせてしまったり、育った環境がよろしくないので、かなり気を付けていないと喋り方が攻撃的になってしまったり。あとから「しまった」って思う事が多かったのです。

 私がもし若い頃だったら、↑のトゲッター記事のコメントにあるように、煩わしいとか褒めることで感謝されたいのかとか、突っぱねるようなことを書いていたかもしれません。でももう私も大人ですから。大人の対人マナーとして正しい行動をとりたいです。

 たとえ相手が嫌な人間で、悪口のネタを仕入れるために、わざわざ褒めてこちらの様子をうかがっていたとしても良いじゃないですか。本気で褒めてくれた人を嫌な気持ちにさせるよりもずっといい。

 とりあえず、誰かから感謝されたり、自分を肯定するような発言をもらったりしたときに、反射的に「いえ、」っていうのはやめます。心の中では動揺していても、落ち着いて、笑顔で「どういたしまして」とか「どうもありがとうございます」と言える人間になりたいです。

 私こういう時のお手本にしたいのは美輪明宏さんです。あの人のトーク番組などでのゲストを嫌な気持ちにさせない技術はすごいと思います。そういえば美輪さんはラジオや本で、ありのままでいるのは図々しいと否定していましたね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】わりと幸せだけどお金が無くて不安です

 やっと体が動くようになってきました。家の中の掃除をして、シンクに溜まっていた食器も全部洗って、2回くらい出しそびれていたゴミをまとめて出しました。家の中がきれいだと気分が良くなります。

 自分と猫を風呂で洗いました。サッパリしました。風呂に入れて乾かした後の猫はふわふわになっていつもよりも可愛く見えます。やっぱり猫も身だしなみに気を使った方が印象がいいんですね。

↑猫の写真撮るの下手くそ選手権

 引きこもって誰とも会わないのはメチャクチャ気が楽です。精神の回復が目覚ましい。そんなことを言ってる場合じゃないんです。生活費がありません。

 私は本当は、余力を充分に残しながらバリバリ働く人生を送りたかったのです。バリバリ稼いで家事も完ぺきにやって、そのうえで趣味を人生の中心にしたかったのです。残念ながら、私が希望していたほどの能力は私にはなくて、何もかも満足にできませんでした。

 この前京都の有名な縁切り神社、安井金毘羅宮に行ってきたばっかりです。正直もう一回行きたいです。頻繁に行ってはいけないと言う事ですが、前に行った時から一ヶ月くらい間が空いてるから大目に見て欲しいです。

 この前お参りに行ったときは、飼い猫と幸せに暮らしたい事、健康になりたい事、薬を飲まなくても動けるようになりたい事、ブログを書きたい、絵を描きたいとか、そんなことをお願いしたように思います。現時点で大体叶いました。働けなくなるのと引き換えに。

 私は生きていくために毎月一定額以上の生活費が必要な事を神様に伝えていませんでした。今の一番の問題はお金がない事です。一生引きこもって働かなくても生きていけるくらい貯金があるなら、今のままでも割と満足です(本音)。でも私にはそんな蓄えは無いのです。

 次にお参りしたときにはもうちょっと具体的にお金のことをお願いしようと思います。現状の平穏な生活をできるだけ崩さずに、不安感を感じることがないくらいの収入を得たいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】ずっと出来なかった事を、とりあえず今できることから順にやってみる

 この記事のひとつ前の記事が英語に書かれているんですが、何の前触れもなくいきなりこんなことを始めたら「どうした気でもふれたか」って思われそうですね。しかも私は英語がわかってるわけじゃないから、翻訳サイトに頼りまくりです。

 変なところがないかチェックはしたけど、私はどこがおかしいのかわからないので、添削もできません。多分英語ができる人が読んだら、あちこちおかしい所があると思います。今の私ができる最大級の力を振り絞った結果がアレです。

 日本語以外の言語でも記事を書いてみたいっていうのは、実はもう何年も前に思いついた事だったんです。その頃は自分に分不相応な大きな野望を持っていました。努力すれば自分でも、そこそこの結果を出せるんじゃないかと思っていました。

 自分のブログを作りたい、いろんなことにチャレンジしてその記録をブログに残したい、自分の書いた文章をいろんな言語に翻訳したいって、頭の中が夢いっぱいだった時期があったのです。

 あの頃は忙しかったけど、今よりは体の調子が良かったので、考え方も前向きで明るかったのです。到底成し遂げられそうもない、大きな目標ばかり作ってはワクワクしていました。英語で記事を書きたかったのは、そうすれば世界中の人に自分のブログを読んでもらえるって思ってたのです。

 英語の勉強をほんのちょっとだけやってた頃もあったんですが、体力もやる気も集中力もないので頓挫しました。結局何一つ叶えることはできず、自分の望みを何年も置き去りにしてしまいました。

 仕事だけやって他の事はグチャグチャのままで、生ける屍みたいな状態で生きていました。生きていると言うより、ただ死んでいないだけでした。今は一日中家にいるから昔よりも暇なので、「今だったら昔やりたかったことをできるんじゃないの?」って思ったんです。

 急に絵を描き始めたり、英語で記事を書いたり、叶わなかった昔の夢を思い出す作業をしています。何かのリハビリのようです。昔自分が望んでいたように、上手い絵が描けるわけではありません。ブログを書いても大勢の人が見に来てくれることはありません。

 昔だったら結果の振るわなさに絶望して、努力をやめてしまっていました、今は結果が出なくても、それでもいいやって思えます。ずっと出来なかった事を、とりあえず今できることから順にやってみます。それが自分の気持ちに整理をつけて、メンタルの回復に役立つんじゃないかと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【モルカー】感謝の気持ちを小瓶に詰めて、ネットの海に放流したかった

 PUIPUIモルカーの最終回を見終わったあと、私は作品に対する感謝の気持ちを込めたイラストをツイートしました。

 PUIPUIモルカーは、子供向けバラエティ番組「きんだーてれび」内の一コーナーとして放送されていた、モルモットが車になった世界を描いたストップモーションアニメ作品です。

 元々子供向けに制作された作品ですが、Twitterでの評判から大人の間にも人気に火がつきました。私もモルカーについてのツイートをまとめた記事を読んで、興味を持って見てみることにしました。

3分で吸える覇権アニメ『PUI PUIモルカー』ファンアートや考察多数でトレンド入りするがまた幻覚かと勘違いされる「幼児もウケてた」 – Togetter

 子供向けに丁寧に作られた作品は、大人の鑑賞に堪えうる内容になるのだと思います。むしろ疲れた大人こそ、このような作品に触れることが必要なのではないでしょうか。

via GIFMAGAZINE

 テレビでの放送だけではなく、テレビ放送後一週間限定で、youtubeにて見逃し配信がされていました。私は見逃し配信の存在が、モルカーの人気をさらに大きくした理由だと思っています。子供向け番組で決められた時間帯に放送されているだけだと、スケジュールが合わずに見ることができない人が大量に出るからです。

 一週間の限定とはいえ動画が消されるまでは、同じ話をいつでも何度も楽しむことができました。無料で公開されている期間が長いために、「そんなに話題になっているなら自分もちょっとだけ見てみようかな」と言う人たちを、取りこぼすことなくファンにすることができたのです。

via GIFMAGAZINE

 私はPUIPUIモルカーが全12話であることを知っていました。12話作るのに、スタッフ数人がかりで約一年半かかっていると言う事も知っていました。モルカー二期を期待する声は大きいですが、たとえ二期が決定したとしても配信されるのは数年後になるであろうことも想像できました。

 そもそも二期など制作されないかもしれません。才能のあるクリエイターを、たった一つの作品にずっと縛り付けておくのも勿体ないと思います。私は毎週モルカーの新しい話が配信されるのを心待ちにしていましたが、話数が進むにつれて終わりが近づいているという事実も、常に意識の上にありました。

 私は最終話から一つ手前の11話を見終わったあと、作品に対する感謝の気持ちを込めたイラストの制作に取り掛かりました。12話が配信された後にすぐツイートできるように、前もって準備していたのです。

 Twitterには優れた才能を持った人たちが大勢いて、PUIPUIモルカーにも、プロ並みのイラストを描いたり、羊毛フェルトでモルカーを作ったり、さまざまな素晴らしいファンアートを公開しているファンがたくさんいます。

 出来上がったイラストを見て、自分の絵は他の人の作品と比べてどうしても見劣りすると思いました。私は自己否定の気持ちが強いので、良い歳をした大人がこんな稚拙なラクガキと稚拙なメッセージを公開して、恥ずかしくないのかと言う内容の言葉が次々と頭の中に湧いてきました。

 それでも私は感謝の気持ちを小瓶に詰めて、ネットの海に放流したかったのです。大量の情報にうずもれて、私のメッセージは製作スタッフに届く事はないでしょう。思いを届けると言うよりも、「ある時期、私にはとても好きな作品があった」と言う事を、もっとしっかりと記憶に残しておきたかったのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】この世に自分ができる仕事なんてどこにもないんじゃないか

 社会人になったころは、仕事は何でもいいからとにかく休みが多くて、自分ひとりがカツカツの生活を続けられる程度の給料がもらえれば、それでいいと思っていました。自分ひとりになれる時間を多くとりたかったのです。でも思った通りにはなりませんでした。

 普通の会社で会社員をやってたら、たいして働いてないのにも関わらず、仕事中に意識を失って倒れる事が度々ありました。給料が安くて時間の短いワープア職に就いても、働くだけでヘトヘトになり、やがて生活のすべてが崩壊することになりました。

 楽な仕事に就いてても体がもたないんじゃ、もう自分の命を維持するだけのお金を稼ぐことができないじゃないですか。本当に困り果てていたんですが、某栄養ドリンクの値段高めの物を一日に数本飲めば、体が楽になる事に気がつきました。

 これでやっと私も普通の生活が送れるようになるとその時は喜んだのですが、毎日飲んでいるうちに体に耐性がついてしまったのか、だんだん効果が感じられなくなり、とうとう起き上がる事も出来なくなり、仕事場に当日欠勤の連絡を入れることになってしまいました。

 職場の人たちに迷惑をかけてしまって申し訳ないです。私の心の中は行き場のない怒りで満たされていました。やる事なす事上手くいかない。出来る限りの事はしてるのに何で?動けるようになるまで休んで、また働き始めて、また動けなくなって、その繰り返しです。

 他人は私の体の調子がわからないので、私の事を働く気のない人間だと思っているんだろうなと思います。体力さえあれば人生は楽勝だったのに。実際はそうではないんだろうけど、すべてを健康状態のせいにしてしまいます。

 今家の中にいて、自分がやるべきことは何なのかがわからなくなってる状態です。努力したことが結局うまくいかなかったってパターンが多すぎて、もう何をやってもうまくいかないんじゃないのって思考になっています。

 新しく仕事を探すにしても、この世に自分ができる仕事なんてどこにもないんじゃないかと思ってしまって、どこにも応募ができません。また心身の状態が最悪な事になって辞める羽目になるんじゃないかって、自分の未来を信用できなくなっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【日記】体の具合が悪くて働けず、収入無いし貯金無いしで詰んでいます

 またもや過去の記事を非公開にしました。そしてワードプレスのテーマを変えました。前に使ってたテーマよりもさらにシンプルを極めた「write」と言うテーマです。今まで背景画像置いたり背景色を白から緑にしたりと、せっかくのシンプルなデザインを台無しにする余計な事をしまくっていたのですが、もうそういう事はやめようと思います。

 私にはデザインセンスが無いし、余計な事をやればやるほど見た目は野暮ったくなるわページが重くなるわでなんにも良い事が無いのです。何もしないのが一番良いのだと、やっと悟りました。テーマをあれこれいじってみっともなくするよりも、毎日更新して内容を充実させたほうがいいですね。

 今現在の私は、健康上の問題と経済状況の不安から割とメンタルが落ち込み気味です。静かな生活が続いているけど、そう遠くない未来に破局が訪れる不安感と戦っています。体の具合が悪くて働けず、収入無いし貯金無いしで詰んでいます。

 長年自分が思ってるような生活を送れずに、ストレスから精神状態が荒れていました。私がごく普通の生活を送れないのは、自分の体力が無さ過ぎるからで誰が悪いわけでもないとわかっているのですが、心の中でイライラが蓄積して非常に攻撃的な状態でした。

 私には一般的な社会人の生活を普通に送るだけの体力がありません。でも、見た目は健康そうに見えるので、周りの人からは単なる怠け者のように思われていました。私は周りの人に対して、私の苦しみを理解せずに追い詰めるようなことばかり言って、なんてひどい人たちなんだろうと思っていました。

 私は何も贅沢な望みを持っているわけではありませんでした。仕事と家事を普通にこなしたうえで、自分のための楽しみも持ちたい。ただこれだけです。それが私にとっては極めて困難な事でした。

 自分にはバリバリ働いてバリバリ稼いでと言う生活ができないと、子供の頃からわかっていました。通学時間が長いとそのうち学校に通えなくなって不登校になってしまうのではという懸念から、家から近い高校に進学したくらいです。でもその頃はまだそんなに、自分の体力のなさを深刻に考えていませんでした。

 私が思い通りの生活を送れないのは、私の甘えや怠け心もあるのだろうと思っていました。物心ついた時からずっと、そういわれて育ちましたから。でも大人になってからやっと、自分は異常に疲れやすくて体力の回復が遅く、社会の一員として生きるには欠陥品だったのだと気がつきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ