【ブログ】過去の記事を引っ張り出して書き直ししたら自分の悪い点が見つかりました

もくじ:【もくじ】ブログ記事の執筆について
←前:記事の執筆は完成度そこそこでスピード勝負
→次:完成度にこだわらず完成させることにこだわる

 現在の私の目標は、このブログの記事数を100にする事です。どのような手段を使ってでも目的を達成したいので、昔自分が書いた記事を書きなおしてリサイクルすることにしました。

 実はこのブログは数年前からありました。少し書いては放置を繰り返し、数年間全く手を付けずにほったらかしにしたのち、心機一転過去記事をすべて消して、いちから書く事にしたのです。サーバー代がもったいないですね。

 過去の記事は完全に消してしまった物もありますが、公開はしないけどデータだけ残しておいたものがそれなりの数あります。書き直せる物は書き直して公開したら、100記事達成が早くなります。

 新しく記事を書くよりも早く書き終わると思うのです。人が書いた記事や本を読んで勉強してから何か書くよりも、早く作業が終わるんじゃないかと。それで昔自分が書いた文章を読んだ感想なんですが、まあ気持ち悪いですね。

 性格の暗い人が無理して明るくふるまってるけど、わざとらしさが見え見えで空回っているような文章でした。正直言って読み返すのが非常につらいです。キモいと感じるのは自分のダメなところがハッキリわかるようになったと言う事で、成長できたからいい事だと思っておきます。

 周りに気を使ってガラでもないふるまいをしても、人から見たらキモいだけなので無理するのはやめましょう。陰は陰のままで生きていく方がストレスがたまらないだけまだマシです。

 今日読んだ過去記事の内容は、ブログを作ったけど一日の閲覧者は一桁だとか、直帰率が高いとか、頑張って記事を書いてるのになかなか記事の数が増えなくてもう疲れたとか、知らねえよって事ばかりグダグダ言ってますね。

 記事の文体が気持ち悪いし内容は無いし、言ってることが支離滅裂なので、だれも読まなくて当たり前です。というかよくこんなものをネット上に公開しようと思ったなと思います。

 閲覧者が一日に一桁しかいないって書いてあったけど、見に来てくれた人が少しでもいたってことが奇跡です。身近な幸せにもっと感謝しないといけないのに、能力もないくせに上ばかり見て、自分は何もできてないクズだゴミだと言ってるんです。実にうっとうしいです。

 現在の自分が過去の自分の姿を見てこれだけ不快に思うってことは、今書いてるこの記事も未来の自分が読んだら絶対「うわきっも」ってなるんです。でもこれが今の自分の精一杯だから、目標達成までの通過点として情けない姿を見せるのも仕方ないのだと思います。

 どうも私は、人の悪口は言ってはいけないけど、自分の悪口ならどれだけ言っても構わないと思っている節があって、自分をストレス発散用のサンドバッグにしてしまうところがあるみたいですね。

 現在は縁切りした元友人が四六時中人の悪口ばっかり言っていて実に不快だったんです。「そんな聞いてて不愉快になる話ばっかりじゃなくて、楽しい事話してよ」といつも思ってました。でも私も自分の悪口ばかり言って周りの人を不快がらせていたのだと気が付きました。反省して改善します。

 今回見つかった、記事を書く時の改善点です。①無理にテンションの高い文体で書かない。②自分の悪口を書かない。③何か一つでも、記事を書く事で発見した良い事を書く。この3つのポイントをなるべく守って書くようにします。

 ①と②は見苦しいのでやめたほうが良いですね。③は無理にでも記事を書くモチベーションの維持をするためです。そして私の記事を最初から最後まで読んでくれた奇特な人に、少しでも利益があったと思ってほしいからです。

 過去の記事を読み直したことで、ブログ記事を書く時に私が気を付けるべきことがわかりました。そしてやっぱり、いちから新しい記事を書くよりも、昔書いた記事を元にして書いた方が作業が早く終わりました。

 しばらく過去記事のリサイクル作業を続けようかと思います。自分の中に記事を書くためのネタが無さ過ぎることに気がついて、必死で情報を取りいれようとしているけど、消化が追い付いていないので新しい記事が書けないのです。

もくじ:【もくじ】ブログ記事の執筆について
←前:記事の執筆は完成度そこそこでスピード勝負
→次:完成度にこだわらず完成させることにこだわる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする