【絵を描く】下手でもいいじゃん次の絵描こうって吹っ切れました

 最初に描いた人物の立ち絵が気に入らなくて落ち込んで、ずっと絵を描いてないままになってました。もっと絵が上手くなりたいんですけど、絵が上手くなりたいと思ったら枚数をたくさん描かないといけないんですよね。

 わかってはいるんですが、生来の怠け者なので、なるべく手間暇をかけずに手っ取り早く上手くなりたいと思ってしまいます。絵を描く時も、今からあの苦しい思いを何日も味わうことになるのか…と、最初のスタートが切れない状態になります。

 早く結果が欲しいからスケジュール的に無理しまくって描くから嫌になるんでしょうね。疲れてるときは休めばよかったんです。別に仕事じゃないんだし。誰かから頼まれてるわけでもないし。

 ブログの記事を書く時でも、何も浮かばないし資料を読んでるときも頭に入らないみたいなときは、焦って何かしようとするほどドツボにはまると悟りました。最近は、そういう時はあえて何もしないようにしてます。

 頭も体も動かずに何もできないと思ったときは、キッチンタイマーが10分後に鳴るようにセットして、音が鳴るまで何もせず何も考えずひたすらじっとしているようにするんです。そうしたら10分後には動けるようになっているんです。

 四六時中何かしていないといけないという強迫観念があるから、逆に何もできなくなっていたのかもしれないです。何もせずに窓から綺麗な空気を取りいれて、ただ呼吸だけして10分間じっとします。処理落ち状態だった頭がスッキリします。

 やるべきことがあるのに何故か身動きが取れないときの対処法として、今までいろんなことを試してきましたが、脳みその処理落ちには10分かけて再起動が一番効果がありました。動けないときに無理して動こうとしてもダメですね。

 これまでの不調は、頭が疲れて動かなくなっているのに無理して働かせようとしていたのがいけなかったんでしょうか。脳味噌の性能が悪いのに無理しすぎていたんですね。脳味噌の疲れが取れたら精神状態も落ち着いてきました。

 気が落ち着いてからもう一度、この前描いた立ち絵を見てみました。そりゃあpixivとかで見かけた上手い人と比べたら下手糞ですけど、一枚の絵を完成させるっていう目標は達成できたんだからそれでいいじゃんという気持ちになりました。

 pixivはプロのイラストレーターもいるし、絵師歴10年以上の人だっているし、元々才能のある人たちが不断の努力をした結果がランキング上位なんです。そんな人たちと自分を比べることがそもそも図々しいんです。

 上手い人と比べて落ち込むのはやめて、一枚でも多く絵を完成させることを目標にして、良い絵を描けるように絵の練習を続けるようにすればいいんです。落ち込んでいる暇などないのでした。

 絵が上手くなる方法の第一歩はやっぱり模写みたいなので、気に入った写真やイラストをコピー用紙にシャーペンと色鉛筆で写してみることにします。模写が何枚かできたら次の絵を描きたいです。一枚目よりもうまくなってたらいいなと思います。

 数年間模写を続けて、模写はうまくなったけどオリジナルの絵を描くのが苦手なままだった人の話をネット上で読んだことがあるので、模写の合間にオリジナルの絵を描いて、どういう所が上手くなりたいのか考えながら練習しないといけないんだと思います多分。

 しかし精神状態がよろしくないと絵を描く気力もわいてこなくなりますね。こんなことをして何になるんだろうという気持ちでいっぱいになってしまうんです。自分の書いた絵がゴミみたいに見えてくるし、練習してもどうせ上手くならないしもう何もしたくないと思ってしまいます。

 絵が上手くなりたいと思ったら心身の健康を保つことも気を付けないといけないです。ほんとに基本的な話です。私は絵が上手くなりたかったら、何をするべきかうっすらわかっています。まず模写をする事が効果的って知ってるんです。絵の上手い人はみんなものすごい枚数を描いている事も知っています。

 効率的にうまくなる方法が知りたかったら、片っ端から調べてやってみることが必要だってわかってます。何をすればいいのかわかっているくせに、いつもスタートを切れずにグズグズしてるだけです。こんな性格を直すために、心身の調子を良好に保ち続けないといけないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする