食べても太らない体質になりたい

もくじ:【もくじ】体力をつけたい
←前:筋肉無い人向け筋トレメニュー
→次:ストレスの少ない野菜不足解消法

 ラジオ体操第1第2、自衛隊体操、ゆるい筋トレのルーチンを毎日続けています。ただ最近いつも疲れた顔をしている自覚があるのです。

 今は全然無かった筋肉を人並みになるまでつけている最中だから、しんどさを感じるのは仕方ないと思って頑張っています。ある程度時間がたったらスッと楽になると信じて、それまで運動を続けます。

 最近意識してご飯をたくさん食べるようにしてるんですけど、ご飯をしっかり食べると多少体が動かしやすくなってしんどいのがマシになります。ただ、太ります。一瞬でズボンがパツパツの状態になりました。

 数か月前、コロナの自粛ムードが今より厳しかった頃、買い出しに行くのもめんどくさくて買い置きのはるさめスープばっかり飲んで空腹を紛らわせていた時期があったのですが、その時はほんのちょっと痩せていたんですよ。

 コロナに感染するのが嫌で外に出なかったんじゃなくて、もともと私は外に出るのが嫌いな人間だったのです。自粛ムードで外に出なくていい大義名分を得たので、嬉々として引きこもっていたのです。

 家から出なくても他人から文句言われないって快適!と思っていました。ソーシャルディスタンスが叫ばれて、昼休みにご飯食べる食堂の椅子も一つ飛ばしに座るように決められて、レジに並ぶ時も前後の人と距離を開けるようになりました。

 どこに行っても他人と距離が開いていて、みんなマスクつけてるから他人を見たときの精神的圧迫感が少ないし、距離感無さそうな知らん人がいきなり話しかけてくることは無いしで、パーソナルスペース広めの陰キャとしては非常に快適な毎日を過ごしていました。

 家にいる時ははるさめスープオンリーの生活をしているうちに、ずっと履いてるズボンがどれもぶかぶかになっていって、「しめしめ、楽して痩せられた」と喜んでいたのです。こうして自粛の間に、脂肪といっしょに私の貴重な筋肉が失われていったのでした。

 ネットサーフィンしてて見つけた動画なんですが、感銘を受けたので貼ります。137㎏からスタートして一年間で68.5㎏まで減らしたルイボスチャンネルさんの動画です。ただ体重が減っただけじゃなくて、運動で痩せてるから筋肉がついて健康な体に体質改善されてますね。

 体型だけじゃなくて顔つきも変わっています。太っていた時は目がどんよりして死にそうな顔をしていたのに、表情が生き生きして男前になっています。太ってて筋肉が無いと、普段の生活で疲れるからどんよりした顔になるんですよ(実体験)。

 私もルイボスさんのスタート時ほどではないけどデブなので、とりあえず一年間運動し続けることを目標にします。一年後に運動をやめるか続けるか、結果を見て判断します。一年後に体型も表情も変わってたらいいな。

 筋肉をつけると体が動かしやすくなるだけじゃなくて、エネルギーの消費量が増えるから太りにくくなるんですよね。私は筋肉がないから体に取り込んだエネルギーがあまり消費されずに、ちょっと食べ過ぎたら即太るのです。

 前にまとめサイトで見た記事で、会社の同僚がすごいデブだったけど半年のうちにみるみる痩せていったというコピペがありました。その同僚は食べる量は一切減らさず好きなものを好きなだけ食べていたんですが、家にいる間はずっとエアロバイクを漕いでいたそうです。

 テレビを見る時も歯を磨く時もずっとエアロバイクを漕いでいたら、どんなに食べても太らなくなるほど体のエネルギー消費量が増えていたのです。そして半年後には一切の食事制限なしで平均的な体型になっていたそうです。羨ましいです。好きなだけ食べても太らないなんて。

 自分の食欲に勝てるくらいの筋肉が欲しいですね。体に余分な脂肪を溜め込んでも良い事なんか何もないです。貯まってうれしいのは貯金だけです。脂肪が減ってお金が増えんかなと思います。

もくじ:【もくじ】体力をつけたい
←前:筋肉無い人向け筋トレメニュー
→次:ストレスの少ない野菜不足解消法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする