体力をつけたい

もくじ:【もくじ】体力をつけたい
次→:体力のある人間になって幸せに暮らしたい

 現在このブログは、身近な目標をクリアしていくことをテーマに書いております。一回目はブログの記事を書けるようになりたいと思ってあれこれ工夫した結果、文章力はまだまだないけど何とか自分の書きたいことを書けるようになりました。

【もくじ】ブログを書くための作業用チャートが欲しい

 二回目は絵を描けるようになりたかったので、絵を描く手順を各工程に分けて一日に一工程こなすようにしました。途中数日かかった工程もありましたが、なんとか一枚のイラストを完成させることができました。

【もくじ】絵を描けるようになりたい

 三回目に達成したい目標は体力をつける事です。私は昔から体力がなさ過ぎて、普通の人が普通にこなせる事を、全然できていなかったのです。

生活が全クリできない

 はてな匿名ダイアリーで見つけた記事です。読んだ瞬間「わかる…!」と心の中で叫びました。やりたい事どころか、やらなくてはいけない事もクリアできないまま、一日が終わってリセットされてしまうのです。

 調子が悪い時は本当に体が動きません。機械の燃料切れみたいな感じで、自分ではどうにもできないのです。時間が過ぎていくとともに、自己嫌悪の気持ちがどんどん膨らんでいきます。

 仕事・家事・趣味のすべてを完璧にこなしたいのに、仕事と家事は不完全で趣味に取れる時間は無し、そんな日々がずっと続いていました。普段の生活を普通にこなすことがつらくて、もっと楽に生きられたらいいのにといつも思っていました。

 私がこんなに生活をクリアできないのはどうしてか考えていたのですが、メンタルが弱くて怠けてしまうだけじゃなくて、体に普通の生活をこなせるだけの筋肉がついていないんじゃないかと思うのです。

 私の体のほとんどが脂肪で構成されているのだと思います。しんどくて動けないから筋肉が落ちる、筋肉がないから体を動かすのがつらい、精神病む、しんどくて動けない、この繰り返しです。

 人間が生きていくために必要な最低限の筋肉量ってあると思うのですが、私はたぶん基準に達していません。体を鍛えるために筋トレを始めようと思っても、筋肉が無さ過ぎて逆に体の調子が悪くなります。

 なんとか丈夫な体になりたいと思って暇さえあれば自己流の筋トレをしていたことがあるのですが、具合が悪くなって数日寝込んだ後、嫌になって何もしなくなってしまいました。もうこういう失敗を繰り返したくはないです。

リングフィットで膝を痛める人は『筋トレのための筋肉がない』筋肉ある人によるコツ伝授「リハビリメニューおいときますね」 – Togetter

 リングフィットには少し興味を持ってましたが、自分が手を出せる代物ではないと諦めていました。案の定、筋肉が無さ過ぎて体を壊す人が出てるみたいですね。  上のまとめの中で、筋肉がない人向けのトレーニング方法がいくつか出ていたのですが、私にとって一番ハードルが低そうなのがラジオ体操でした。ラジオ体操ならやったことがありますから。

 youtubeで探せば、体操・筋トレ・ダイエット関連の動画はいくらでも出てきます。でも今すべてに目を通して実行するのは不可能です。まずは一番簡単な目標として、毎日ラジオ体操をする事にします。

[テレビ体操] ラジオ体操第1 NHK – YouTube

[テレビ体操] みんなの体操 NHK – YouTube

 ラジオ体操第1は小学校の体育の時間に毎回やってました。結構覚えているもので勝手に体が動きます。中学校に上がってからは、なぜかラジオ体操第2ばっかりやらされました。

 なんで中学ではせっかく覚えた第1をやらないんだろうと疑問に思っていたのですが、調べてみると第2の方が激しい運動になるらしく、小学校低学年の子どもがやると体に負担がかかってしまうのだそうです。

 それで小学校の時は第1で、中学校の時は更に体を鍛えるために第2をやると決まっていたんでしょうか。うちの学区だけかもしれませんが、長年の謎が解けました。

もくじ:【もくじ】体力をつけたい
次→:体力のある人間になって幸せに暮らしたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする