絵が完成しました

もくじ:【もくじ】絵を描けるようになりたい
←前:手の故障を防ぐために筆圧を弱くする
→次:高望みをやめて力を抜く

 やっと絵が完成しました。たくさんの道の中からどの道を選べばいいのかわからずうろたえる自分の姿です。このブログで描いたイラスト第一弾です。今の私の心境を表しています。

①緑のレイヤーに明暗をつけたもの

②オーバーレイで色をつけたもの

③明暗のレイヤーをグレイスケールで灰色にしたもの

 目が痛くならないように線画の下に緑色のレイヤーを作っていたのですが、そのレイヤーに白や灰色を乗せてぼかして明暗のレイヤーにしました。①の状態が思いのほか気に入ったので、完成品とは別に残しておくことにしました。

 オーバーレイで色を付けるときに、明暗のレイヤーをグレイスケールで色味を消した方が、落ち着いた色になりました。緑色が混ざったままの方が、複雑な色になってよくなるかもと期待したのですが、けばけばしい色になってしまいました。

 一応、一枚の絵を完成させることができたので、今回の試みは成功…と言いたいんですけど、なんだか気分が晴れません。ブログの記事を書くたびに、自分のイラストを記事の中に入れたいと思っていたけど、イラストを描くスピードが遅いから、毎回書いていたら記事の更新が遅れてしまいます。

 絵を描き始めたら楽しいのになかなかスタートが切れません。作業を始めることに対して不安感が大きいのです。文章を書くのは下手糞ながら慣れてきたし、あまり気負いなくスタートできるのに。

 完成品を見ても、ネット上の絵の上手い人たちと比べて、なんてしょうもない物を描いているんだろうと思ってしまいます。自分よりもずっと年下の人たちでも、すごい絵を描いて評価されているのに、私はこんなつまらない絵に時間をかけて、その行動に意味はあるのだろうかと考えてしまうのです。

 要するに高望みしすぎて、結果が自分の思った通りにならなくて、勝手に落ち込んでいるのです。毎日自分のイラストを2、3枚載せた記事を更新したいと思っているのです。そんな能力もないのに。

 最終的に使用したレイヤーは4枚になりました。下から、下描き・明暗・色・線画になります。色を塗るときは鉛筆のツールで、線画の線の内側をぐるっと取り囲んでから、塗りつぶしをしました。

 塗りつぶしをした後は、簡単に色を変えられるので楽しかったです。今回描いた絵がこんなのなのでアレですけど、女の子の絵とかなら、髪の色や服の色を自由に変えられて楽しそうと思いました。

 色を塗るのは明暗をつける作業に比べてすごく楽でした。絵を描く時の苦しみの80%が明暗をつける作業でした。今回頑張って2日で仕上げたので、作業を3日くらいに分ければもっと疲れずに完成させられるんじゃないかと思います。

 その分完成は遅くなりますが、これはもう仕方がないです。絵は何日かかけて描くしかない、短時間で完成させられるほどの能力は自分にはないのだと、肝に銘じておきます。

 同じソフトを使っていても、他の人はもっと効率のいい描き方をしているのではないでしょうか。自分だけ無知ゆえに、無駄に労力をかけているような気がします。アズペで絵を描いている人のお絵描きメイキングを見たいです。

 私が知らない裏技をネット上で披露している人が、探せば必ずいると思うのです。絵を描くのがしんどいと思うのは、私に知識が足りなくて無駄なことにエネルギーを取られるからなのか、それとも絵を描くことを楽しむ才能がないのかわかりません。

 楽しいと思う気持ちは大きかったけど、それ以上に自分なんてという苦しみの方が大きくなりました。しかも、絵を描き始めると夢中になってそればっかりになってしまうので、他の事が片付かずに生活が荒れ始めるのです。

 もう夢中になりすぎないように、絵を工程ごとに分けて 一日に一つの工程しかやらないようにするしかないです。そうすれば時間はかかるけど、生活が破綻しないで済みます。あまり思いつめず軽い作業として片付けたほうが、気落ちしなくてすむかもしれないです。

もくじ:【もくじ】絵を描けるようになりたい
←前:手の故障を防ぐために筆圧を弱くする
→次:高望みをやめて力を抜く

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】夏目友人帳 (1-25巻 最新刊) 全巻セット
価格:12352円(税込、送料無料) (2020/9/23時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする