下描きを線画にする

もくじ:【もくじ】絵を描けるようになりたい
←前:絵の下描きを書く
→次:デジ絵のグリザイユ画法について

 今回は線画を描きます。前回コピー用紙に色鉛筆で書いた下描きを、スキャナーでパソコンに取り込んで、ペイントソフトでペン入れしていきます。実は私は線画を描く作業がとても苦手なのです。いつまでたってもきれいな線が描けません。

 何本も線を重ねて太いところと細いところを作る事で、少し見栄えが良くなる気がするのですが、この方法で本当に正しいのかわかりません。上手い人はもっと勢いよく線を引いて、一発描きの線が綺麗なイメージがあるんですけど、それができない私はやっぱり下手なのかと思います。

 絵を描くことに慣れてきたらきれいな線が引けるようになるのでしょうか。今は自分にできる方法で完成させるしか仕方ないです。取り込んだ絵を拡大して、線を重ねて消しゴムで整えてを繰り返します。

 拡大してるからちょっとずつしか描けないし、めちゃくちゃ時間がかかります。でもこうしないと線画が汚くて嫌になるんです。線画を納得できる出来にしておかないと、この先の作業がつらいのです。線画がおかしいってわかってるのに、時間と労力をかけて色塗りをしたくないのです。

下描き

線画

 線画を完成させた感想なんですけど、久しぶりに絵を描いたにしては、思ってたよりもうまく描けました(自画自賛)。この調子で色塗りもうまくいってほしいんですが、私は色塗りも苦手なのです。全部苦手ですね。どうして絵を描こうと思ったのだろう🤔

 今回から絵を描く時の心構えとして、「まあいいか」で済ますのは禁止にしました。たとえ下手糞でも、全工程を気合いを入れて作業すれば、完成した作品が自分にとって大切なものになると思うからです。

 線を引く時はスキャンした下描きの上に乗算のレイヤーを作って、このブログの背景色のようなくすんだ緑色で塗りつぶししました。下描きのレイヤー(通常)+緑のレイヤー(乗算)+線画のレイヤー(通常)の3枚重ねです。文章を書く時も絵を描く時も、背景を緑にすることでかなり作業が楽になります。

 今までずっとパソコンでの作業が長続きしなくて、すぐに根を上げていたんです。自分は根性なしだから努力が続かないんだと思っていたのですが、もしかすると私は光に敏感なタイプで、モニターの白い色がまぶしすぎて疲れていたのかもしれないと思いました。

 私が使っているペイントソフトはアズペインター2です。2011年に開発とサポートが終了したフリーソフトです。

 今の私がお金を出して最新のペイントソフトを買ったとしても、その機能を使いこなすことはできないだろうと考えて、フリーソフトを使う事にしました。必要最低限の機能があるペイントソフトを探していて、一番希望に近いと思ったのがアズペインターでした。

 有償ソフトと比べれば色々と制約があるはずなのですが、案の定私にはどこに制約があるのかわかりません。アズペに対して不満が出てきたら、有償ソフトへの乗り換えの時期なのだと思います。それまで絵を続けられたらいいのですが。

 今からデジ絵を描きたい人にはアズペインター2がおすすめです。起動も早いし必要な機能はそろってるし、快適に使えています。あと、パソコンで作業するときに、すぐ疲れて作業が長続きしない人は、ブルーライトカット+背景色をくすんだ緑にするのを一度試してみてください。

もくじ:【もくじ】絵を描けるようになりたい
←前:絵の下描きを書く
→次:デジ絵のグリザイユ画法について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする