作業用チャートを作ってみました

もくじ:【もくじ】ブログを書くための作業用チャートが欲しい
←前:RTA動画を見てフローチャート作成の重要性を再確認する
→次:努力が実を結ぶのは楽しい

 実際にブログ記事を書くための、作業用チャートを作ってみました。どんなに文章を書くのが苦手な人間でも、絶対完成する作業工程です。

 あくまでも自分用に作った作業工程なので、私にとっては今のところ一番やりやすい方法なのですが、他の人がこのままやっても一番やりやすいわけではないと思います。

 もしもこれを見て自分もブログを書いてみようという人がいましたら、「ここ変えた方がいいなあ」という部分があればどんどん自分用に変えていってください。

開始

①道具の用意
シャーペン・消しゴム・A4コピー用紙数枚・付箋・ハサミ・ノリまたはセロテープ

②テーマを決める

③メモ用の紙を作る
A4の紙を8つに折って線を引く(そのままだとメモが書きにくいから)


④テーマについて調べながらメモ
紙が一枚埋まったらとりあえず次に行く

⑤付箋を貼るための紙を作る
A4の紙2枚を4つに折る
線を引いて番号と内容を書く

番号と内容
①-①ツカミの事件・状況説明
①-②状況説明・解決したい問題・事件1
②-①一番低い障害
②-②二番目に低い障害・重要イベント
②-③状況の再整備
②-④一番高い障害・事件2
③-①問題は解決できたか Y/N
③-②その後どうなったか

⑥メモを付箋に移す
いらないメモはボツにする

⑦メモを書いた付箋を⑤の紙に貼る

⑧スペースがすべて埋まったか
付箋が足りなければ③からやり直し

⑨しっくりくる順番に並び替え

⑩付箋の並び替えが終了したら
ノリまたはセロテープで固定する

⑪HTMLファイルを作る(雛形のコピー)

⑫⑩の紙の内容を入力する

⑬20回読み返す
変えたほうがいいところはどんどん変える

⑭画像を貼る
リンクを張る

⑮ブログの入力画面にコピペしてうp

終了

 実際にこの文章は↑の手順通りに書いているんですが、今のところはこれで行けそうだなと思っています。

 文章の形にした後20回読み返すという工程ですが、昔ブログの書き方について調べていた時に、記事を書いた後はネット上にUPする前に最低でも20回は読み返した方がいいと誰かが書いていたので、ずっとその通りにしていたのです。

 読み返しの最初の5回で改善すべきところがだいたい直ります。その後は誤字脱字の修正・句読点の変更をすることになります。

 文章を直し終わったら、画像をつけたりリンクを張ったりの作業を終えて、いよいよブログにうpするんですが、この時の心理的ハードルがものすごく高いのです。不安感が大きいというか。

 20回も見直しておかしいところを直したし、うp後も変更はできるんだから「えい、やー!」で何も考えずにうpるしかないです。

 上のフローチャートは三幕構成の1:2:1で作ったんですが、最近の三幕構成は3:6:1くらいになっているそうなので、そっちでやった方がいいのか迷っています。今回のシリーズはすでに1:2:1で書き始めてしまったので、このままで最後まで行くつもりです。

もくじ:【もくじ】ブログを書くための作業用チャートが欲しい
←前:RTA動画を見てフローチャート作成の重要性を再確認する
→次:努力が実を結ぶのは楽しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする