三幕構成について自分なりに簡単にまとめました

もくじ:【もくじ】ブログを書くための作業用チャートが欲しい
←前:「おけけパワー中島」と「いまからまんがを作ります。」を読みました
→次:メモと付箋を使って実際にブログの記事を書いてみる

 三幕構成についてもっと知りたかったので、自分でも理解できる程度に簡単にまとめてみました。ブログの記事などを書く時に応用したいと思って、ごく簡単に箇条書きにしたものです。

 本当はもっと詳しく勉強したいんですけど、あんまり詳しいところまでまとめると本来の趣旨から外れてしまうので今はこの程度でやめておくことにしました。今回の目的はあくまでも、自分がブログ用の文章を作るときの作業工程表を作る事なのです。

 三幕構成というのは映画などの脚本を書く時の構成方法で、人が面白いと感じるストーリーはだいたいこの構成と一致するそうです。文章を書いたり物語を作ったりしたいのなら、三幕構成を知っているのと知らないのとで、大きく差が付きそうですね。

 物語を①設定②対立③解決の三幕に分けて、①②③はそれぞれ1:2:1の長さにすると決められています。※追記 1990年代以降は、最後の③解決を短くする傾向が続いており、アナと雪の女王では3:6:1の長さにされています。

 ②の対立とは、目的を達成するための障害に立ち向かう事です。ストーリーの中心になる部分ですね。①②③のところどころに重要なターニングポイントが入り、それが物語のアクセントになります。

 まとめを作る際に参考にしたもの

【電子版】いまからまんがを作ります。 – ネコモニ堂 – BOOTH

三幕構成 – Wikipedia

これで長編が最後まで書ける!三幕八場構成を学ぶ|monokaki編集部|monokaki

第一幕

  • ツカミになるような事件
    • 状況説明よりも先に持ってきた方がインパクトがあると思う
  • 状況説明
    • 人物の説明
    • 環境の説明
    • 誰が・どこで・何を・どうするか
    🌟解決すべき問題
    • 目的の設定
    • 問題は具体的に何か
    🌟一回目の転機

第二幕

  • 一番低い障害
  • 二番目に低い障害
  • 🌟重要イベント
  • 状況の再整備
    • 今までの出来事を踏まえて、もう一度問題解決の方法を練り直す
  • 一番高い障害
  • 🌟二回目の転機

第三幕

  • 解決編
    • クライマックスに向かう
    🌟問題の答え(クライマックス)
    • 問題は解決されたか
    • 問いの答えはyesかnoか
  • その後どうなったか

もくじ:【もくじ】ブログを書くための作業用チャートが欲しい
←前:「おけけパワー中島」と「いまからまんがを作ります。」を読みました
→次:メモと付箋を使って実際にブログの記事を書いてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする