【日記】忘れかけていた木嶋佳苗への興味が揺り起こされてしまった

 4月6日、テレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で、死刑囚の木嶋佳苗について放送されました。木嶋佳苗は、婚活で知り合った複数の男性から金を騙し取り、嘘がばれそうになると殺害していた、結婚詐欺師であり連続殺人犯です。

 この事件に対する世間の関心や、木嶋役を担当した女優さんの熱演などから、ツイッターで「木嶋佳苗」がトレンド入り。私は長年忘れていた木嶋佳苗への興味を、再び揺り起こされてしまいました。

 再現動画の女優さんは、体型はふくよかだけど顔立ちは本物の木嶋よりもはるかに美人です。私がこのニュースを初めて知ったときに、世間に出回っていた木嶋佳苗の写真は、もっとインパクトのある容姿をしていました。

 はっきり言って太めの体型である上に、不美人。「なんであんな女に騙される男がいるのか」そう思ったのは私だけではないらしく、ニュースが流れたその日から、私の周りで木嶋の容姿が世間話のネタになっていました。あまりお上品な話題ではありませんが…。

 大変失礼ながら、はじめの頃は「木嶋に騙された男性たちも、どこかおかしいんじゃないの」と思っていました。それがどうも単純な話ではないらしいと気がついたのが、木嶋についてのより詳しい情報が入ってきたからです。

 まず、ニュースについて報道がされていた時期に、世間に出回っていた木嶋の写真。あれと実物の木嶋とでは、印象が全く違うと言う事です。報道に使われている写真は極めて写りの悪い写真で、実物は上品で清潔感があって、非常に印象の良い女性に見えると言う話が伝わってきたのです。

 さらに、鈴を転がすような美しい声、知的でユーモアのある会話、ペン習字のお手本のような美しい手書き文字、料理の腕前はプロ並み…。後から出てきた木嶋の情報は、彼女の持つ素晴らしい要素ばかりでした。私の中の木嶋佳苗像は、それまでとは全く違うものになりました。

 そして、「そんなにも良い部分をたくさん持った人なのだったら、どうして結婚詐欺に殺人なんて馬鹿な事をやらかしてしまったのか。自分の人生も滅茶苦茶になるのに。能力を正しく活かせば、いくらでも良い人生を送れたのに、勿体無い」と、彼女のアンバランスさを不思議に思い、気になって仕方なくなってしまったのです。

 もしも私が木嶋佳苗と同じくらい人とうまく接する能力を持っていたら。「もっといい人生を送れていただろうな。そしたら詐欺も殺人も絶対やらないのに…」そう思ってしまいます。コミュニケーション能力に難を抱えて、人間関係に苦しみ続けた私にとって、木嶋佳苗は羨望の的になってしまいました。

 時が流れ、あれだけ過熱報道された木嶋の話題も、世間一般からはすっかり忘れ去られました。私も今回話題になるまでは、木嶋に対する興味を忘れて、自分なりの人生を生きていたのに。ああ、また木嶋さんの能力が羨ましくなってしまう。しかも木嶋さんって言っちゃった。

 私は木嶋佳苗についてのツイートを一通り読み漁ったあと、木嶋関連の記事を片っ端から検索して読もうとしました。そして途中でやめました。気がついたのです。どうやら彼女の能力は、私が思っているほど羨ましい物ではないと。

 昔、木嶋佳苗と同じマンションに住んでいた人の話では、木嶋はいつもスッピンでお洒落もしておらず、話しかけても恥ずかしがって、うまく言葉を返せないような人だったそうです。彼女が偽りのセレブ生活を始める前の事でしょうか。

 小学生の頃は大人しくて孤立しがちだったと言うし、おそらく木嶋佳苗の本当の姿はこっちなんじゃないでしょうか。自分の理想とする偽りの姿を、完璧に演じることができてしまったのが、本人と犠牲者の不幸の始まりでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ