【日記】何かをインターネット上で紹介するという事

 トゲッターで見つけた記事です。自分の好きな本の事をTwitter上でつぶやいたところ、ツイートに影響されてその本を買う人が出てくることに驚いたという内容です。

Twitterで驚いたこと。軽い気持ちで「この本、面白かったな」と呟いたら、それを読んでその本を買うやつが本当に出てくること。→その気がなくても背中を押されている人がいるという話 – Togetter

 最初のツイートを書いた人は、自分は最後の一押しをしただけで、元々買うかどうか迷ってただけなんだろうけど…と思ってるみたいなんですが、私はTwitterで初めて見たものに興味が湧いて、買ったりハマったりした事が何度かありますよ。

 今までに買ったものはエッセイ本とか漫画とか、本が多数ですね。他に、「かじるバターアイス」はTwitterで知った後に、タイミングよくお店で売っているのを発見して、つい買ってしまいました。お金を払って見たわけではないけど、モルカーとちいかわにもハマりました。

 今は思いつかないけど、ネットで知って買ったもの、たぶん他にもいっぱいあります。前から知っていて迷っている段階ではなくても、インターネットで初めて出会い、いきなり深い興味を持ってしまうことだってあるのです。

 私はインターネットを利用できるすべての人が、自分が持ってる良い商品の情報や、生活の知恵などを開示していくべきだと思ってるのです。「一般受けしないよね…」とか「自分が知ってる事なんてたいした情報じゃないよね…」とか思わないでください。

 もう頭の中に思い浮かんだ時点で、使命を与えられたと思って詳しく書いていただきたいと思います。その情報をまだ知らない人が大勢います。あなたの文章がきっかけで、運命の出会いをする人がいるかもしれません。

 こんなことを書いていますが、私は自分の持ってる情報をすべて開示できているかと言うとできてないですね。今までの人生で出会った素晴らしい物はたくさんあるはずなのに、今それについて書けるかと言うと頭の中で整理しきれていないので書けません。

 今はブックマークしたままちゃんと読んでなかった大量のページを消化しようと、ネット上の記事を元にしてブログを書いています。これは自分の考えを文章にする訓練になっていると思います。毎日少しずつ自分の頭の中身を整理しています。

 記事をじっくり読むだけじゃなくて、文章に書く事でより理解と記憶の定着が出来るような気がします。私の頭だから大した結果にはなりませんが。

 私がネット上の記事を元にしてブログの文章を書く事で、ここから元の記事に飛んでいく人もいるかもしれません。その人たちが自分にとって有益な情報を見つけられたなら、私の文章も少しは意味があったと言う事になります。 

ブログランキング・にほんブログ村へ