【日記】この世に自分ができる仕事なんてどこにもないんじゃないか

 社会人になったころは、仕事は何でもいいからとにかく休みが多くて、自分ひとりがカツカツの生活を続けられる程度の給料がもらえれば、それでいいと思っていました。自分ひとりになれる時間を多くとりたかったのです。でも思った通りにはなりませんでした。

 普通の会社で会社員をやってたら、たいして働いてないのにも関わらず、仕事中に意識を失って倒れる事が度々ありました。給料が安くて時間の短いワープア職に就いても、働くだけでヘトヘトになり、やがて生活のすべてが崩壊することになりました。

 楽な仕事に就いてても体がもたないんじゃ、もう自分の命を維持するだけのお金を稼ぐことができないじゃないですか。本当に困り果てていたんですが、某栄養ドリンクの値段高めの物を一日に数本飲めば、体が楽になる事に気がつきました。

 これでやっと私も普通の生活が送れるようになるとその時は喜んだのですが、毎日飲んでいるうちに体に耐性がついてしまったのか、だんだん効果が感じられなくなり、とうとう起き上がる事も出来なくなり、仕事場に当日欠勤の連絡を入れることになってしまいました。

 職場の人たちに迷惑をかけてしまって申し訳ないです。私の心の中は行き場のない怒りで満たされていました。やる事なす事上手くいかない。出来る限りの事はしてるのに何で?動けるようになるまで休んで、また働き始めて、また動けなくなって、その繰り返しです。

 他人は私の体の調子がわからないので、私の事を働く気のない人間だと思っているんだろうなと思います。体力さえあれば人生は楽勝だったのに。実際はそうではないんだろうけど、すべてを健康状態のせいにしてしまいます。

 今家の中にいて、自分がやるべきことは何なのかがわからなくなってる状態です。努力したことが結局うまくいかなかったってパターンが多すぎて、もう何をやってもうまくいかないんじゃないのって思考になっています。

 新しく仕事を探すにしても、この世に自分ができる仕事なんてどこにもないんじゃないかと思ってしまって、どこにも応募ができません。また心身の状態が最悪な事になって辞める羽目になるんじゃないかって、自分の未来を信用できなくなっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ