【日記】体の具合が悪くて働けず、収入無いし貯金無いしで詰んでいます

 またもや過去の記事を非公開にしました。そしてワードプレスのテーマを変えました。前に使ってたテーマよりもさらにシンプルを極めた「write」と言うテーマです。今まで背景画像置いたり背景色を白から緑にしたりと、せっかくのシンプルなデザインを台無しにする余計な事をしまくっていたのですが、もうそういう事はやめようと思います。

 私にはデザインセンスが無いし、余計な事をやればやるほど見た目は野暮ったくなるわページが重くなるわでなんにも良い事が無いのです。何もしないのが一番良いのだと、やっと悟りました。テーマをあれこれいじってみっともなくするよりも、毎日更新して内容を充実させたほうがいいですね。

 今現在の私は、健康上の問題と経済状況の不安から割とメンタルが落ち込み気味です。静かな生活が続いているけど、そう遠くない未来に破局が訪れる不安感と戦っています。体の具合が悪くて働けず、収入無いし貯金無いしで詰んでいます。

 長年自分が思ってるような生活を送れずに、ストレスから精神状態が荒れていました。私がごく普通の生活を送れないのは、自分の体力が無さ過ぎるからで誰が悪いわけでもないとわかっているのですが、心の中でイライラが蓄積して非常に攻撃的な状態でした。

 私には一般的な社会人の生活を普通に送るだけの体力がありません。でも、見た目は健康そうに見えるので、周りの人からは単なる怠け者のように思われていました。私は周りの人に対して、私の苦しみを理解せずに追い詰めるようなことばかり言って、なんてひどい人たちなんだろうと思っていました。

 私は何も贅沢な望みを持っているわけではありませんでした。仕事と家事を普通にこなしたうえで、自分のための楽しみも持ちたい。ただこれだけです。それが私にとっては極めて困難な事でした。

 自分にはバリバリ働いてバリバリ稼いでと言う生活ができないと、子供の頃からわかっていました。通学時間が長いとそのうち学校に通えなくなって不登校になってしまうのではという懸念から、家から近い高校に進学したくらいです。でもその頃はまだそんなに、自分の体力のなさを深刻に考えていませんでした。

 私が思い通りの生活を送れないのは、私の甘えや怠け心もあるのだろうと思っていました。物心ついた時からずっと、そういわれて育ちましたから。でも大人になってからやっと、自分は異常に疲れやすくて体力の回復が遅く、社会の一員として生きるには欠陥品だったのだと気がつきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ