山口真帆さんとショコラの魔法について

楽天で無料の電子書籍を読み漁る

 最近、楽天の電子書籍で無料配信されているものを読み漁っています。普通は本の最初の方だけを無料配信して、続きが読みたい方は有料版を買ってくださいね、と言う感じなのですが、期間限定のキャンペーンで漫画が一冊丸々無料で読める物もあるのです。

無料で読める! 楽天Kobo電子書籍ストア

 楽天の電子書籍を読むには楽天koboと言うアプリのダウンロードが必要です。最近読んだのは「ショコラの魔法」という少女漫画です。今年、山口真帆さん主演で実写映画化されるという映画の宣伝で無料配信されていたみたいです。

楽天ブックス シリーズ名:ショコラの魔法, 出版社名:小学館 の検索結果

 読み終わった後で、楽天のライブラリを見たら無料の物は消えていました。楽天での無料配信期間は終わったみたいですね。もっと早く見つけて、期間中に感想書けばよかったな。有料の商品でも「立ち読み」のボタンを押せば、最初の方を立ち読みするのは可能です。

 他の漫画配信サイトでも始めの方だけ読めると思います。探せば無料のところもあるかも。私は楽天経済圏に取り込まれし人間なので、電子書籍を探すときは楽天しか使わないのです。だから、他の漫画配信サイトについては疎いです。

山口真帆さんの味方に付く人の方が多かった

 山口真帆さんが、映画初出演でいきなり主演と言う事で、嬉しいニュースを聞けて良かったです。山口さんの事は、NGTをやめるきっかけになった例の事件を知ってから、これから先の芸能生活が大成功してほしいと思っていたのです。

 私は山口さんのような、正しい人が報われて幸せになる世界になってほしいのです。ずる賢く要領のいい悪人ばかりが得をする世の中が続いて欲しくないのです。この事件で、山口さんの方を批判する人が多ければ、この世も終わりかなと思っていました。

 昔から、事件の被害者の事を悪し様に罵るような人間が大勢いると聞いていたので、山口さんもそんな目に合ったらどうしようと心配していたのです。でも、実際は山口さんを擁護する人の方がずっと多かったのです。

 もともと山口さんのファンだった人達だけでなく、それまでアイドルに興味の無かった人たちまで山口さんの味方に付きました。運営側がどれだけ山口さんを嘘つきに仕立て上げようとしても、それまでNGTとコラボしていた企業や自治体まで、運営を厳しく追及するまでになりました。

女優として大成功してほしい

 世の中クズばかりではなかったのですね。おかしい事はおかしいと言える人が、私が思っていたよりもずっと多かったのです。私は人間嫌いだから、普段、社会や人間の良く無い所ばかり意識しがちでした。でも、まともな人の方が多いって実感できました。

 事件が明るみに出てその詳細が大勢の人に知られるまで、たった一人で耐え続けた山口さんの強さ。ここぞという時に畳みかけるように反撃した賢さ。私は山口さんのそういうところにひかれて、関心を持ちました。

 事件があったこと自体は風化させてはいけないと思っています。この先も徹底的に関係者を追及すべきです。でも、山口さん本人に対しては、これからは事件の被害者ではなく、一人の女優として関心を持ちたいと思っているのです。これから先どんどん活躍の場を広げて、女優として大大大大大成功してほしいです。

 実写映画版のショコラの魔法は、2021年初夏に劇場公開予定です。現在、映画館はコロナ対策をしながら営業を続けています。それでもやっぱりコロナが終息したほうが、お客さんの数も増えるでしょう。すぐにでもコロナが収まってほしいですね。

女児向けの闇金ウシジマくん

 ショコラの魔法の感想については、女児向けの絵で描かれた闇金ウシジマくんみたいだと思いました。多分この感想は間違っていると思いますが。毎回物語の主人公が変わる一話完結型のお話です。魔法のチョコレートを食べて願いをかなえることにより、幸せをつかむ人と再起不能に陥る人に分かれます。

 漫画の表紙になっている紫の髪の女の子、山口真帆さんが演じる「哀川ショコラ」は、主人公と言うよりも物語の象徴的な存在です。彼女の内面が描かれる回はそんなにありません。悩める人の前に突然現れては不思議なチョコレートを与え、見返りとしてその人の持つ記憶や能力を奪っていくのです。

 闇金がチョコレート屋になったみたいだなーと思ったんです。ショコラの魔法のウィキペディアの記事を読むと、関連項目に「笑ゥせぇるすまん」が入っていて笑いました。確かにウシジマくんよりこっちの方が近いですね。

 原作の漫画は女児向けですが、かつてこの漫画のファンだった女の子たちはもう大人になっていると思うので、大人でも楽しめる映画になったらいいなと思います。漫画は現在でも不定期連載されているようです。息の長い作品ですね。一話完結のお話なのでアイデアを練るのが大変だろうなと思います。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする