ブログを続ける悩み苦しみ。人が来ない。思うように書けない。

こんにちは!!一か月間ブログを続けてみました!!

現在わずかながら見に来てくれる人がいるんです。

来てくれる人は毎日人数ひとケタ。それでも嬉しいです。わざわざ見に来てくれる人がいるなんて。

でも、ちょっと気になる事があって。直帰率が半端ないんです。悲しいわあ。

パッと見て、読む価値無しって判断されてるってことですよね😞

***

それと記事数が全然増えないことも悩みです。

「記事数が100を超えると検索エンジンに載るようになるらしい」って聞いたから、まず最初の目標として記事数100を目指してたんです。

今までに書いた記事は80を超えます。でも公開しているのは30です。残りの50はどうしたのか。

一度は公開したけどやっぱり非公開にしたのです。あまりにも出来が悪すぎて。

もっと質のいい記事をたくさん増やしたいのに。

***

自分のやりたいことを全部叶えるって決めたのに、一番最初のブログでこんなに凹んでたら先はないです。

やりたいことを覚えながら、それをネタにブログの記事も書いて、一石二鳥だグハハハとか思ってたのになあ。

一度自分の脳内を整理しなきゃいけないですね。

じっくり読んでもらえるブログを作るには、いったいどうすればいいの?

どこがいけないんだろう。私はやっぱりつまらない人間で、人が喜ぶようなことは何にもできないのかな。

ちょっと落ち込んでいます。自分が何にもできない無能だと証明されているみたいで。

これは今にはじまったことじゃないんです。私は自分の事をつまらない人間だと思ってます。

どうやったら、人を面白がらせることができて、なおかつ役に立つ情報を届けることができるのか。

今のところ両方できてないことはわかっています。非公開にしなかった過去記事も、もう一度読み返したら消したくなるでしょう。

***

まず面白い人間になるにはどうすればいいのか。

人と直接接するときにキョドるのは、先天性の何かだから運命だと思ってもう諦めてるんですけど、せめてネット上でくらい人を楽しませてみたいものです。

自分の書いた記事を読み返して、つまんねー、どころか読む気もわかない。アカンがな。

これは才能の問題でしょうか。それとも心が死んでるからでしょうか。面白い事の一つも言えない書けない。

***

私、動画サイトで動画見たり、まとめサイト巡回したりすんのが趣味なんですけど(陰キャ)、最近気づいたことがあったんです。

「爆笑しました!」とか「さっきからずっと笑ってる!」とかコメントがついてるところを、私はスルーしてて、慌てて戻って「ああ、みんなここで笑ってるんだ…」ってなる事が多いんです。

昔だったらゲラゲラ笑ってたのに。

これは歳食ったからあんまり笑わなくなったとかそういうことじゃないと思います。

だって職場の10歳20歳年下の人たち、みんな普段から笑ってたし。

お客さんに対してとか、私に対してとかは愛想笑いかもしれないけど、年齢にかかわらず人と話すときみんな楽しそうにニコニコしてるんですよ。

顔が引きつってるのは私だけ。

***

もしかして、いつの間にか心の中の「面白いことに反応するセンサー」が、壊れちゃったのかもしれませんね。

生きるのがつらくないように、心を殺し続けたら、もっと生きづらくなっちゃったyo!

面白いことが何なのかわからなかったら、そりゃ人を面白がらせることなんてできないですよ。

***

面白センサー取り戻したいなあ。今「おもしろ動画」でググりました。地道にリハビリしてたら自然に笑える日が来るかも。

その時まで私は、つまらない記事をシコシコと書き続けます。いつか面白記事に書き直せる日が来ることを夢見て。

記事数が増えない

ここまで私なりに頑張ってきました。すぐになんでも投げ出す根性なしクズ人間の私にしては、長続きした方だと思います。

でも自分が思っているほど成果が出ません。記事数増えない。見に来る人いない。ちょっと疲れてきました。

***

ワードプレスでブログを作ったら、数か月間はアクセス数ゼロでもそれは普通だよ見たいに言う人もいるんです。

でもワードプレスでブログを始めて、たった一か月でアクセス数がこんなに!みたいな人もいるんです。

私は後者の人を見て、ああ自分は才能ないんだなと落ち込んでしまうのです。人と比べたってしょうがないのにね。

***

多分ワードプレスでブログ作ってる人のほとんどは前者で、後者の人は特別な才能を持っているか運が良かったんでしょう。

その中の大多数が途中であきらめてやめちゃって、しぶとく居座り続けた人の中から、アクセス数伸ばせる人が出てくるんでしょうね。

ブログやって成功してる人って、だいたい「始めてすぐにあきらめちゃダメ!ブログのアクセスが増えるのは数か月から半年たってから!やり続けていたら誰でもかならず成功する!」みたいなことを言うんですよ。

でもこの真っ暗な迷路を明かりなしで進むような不安感と戦うのしんどい。

「文章書くの好きで好きでたまんないです!人が見てるかどうかは関係ない。自分が書きたいから書くんです」みたいな人間に生まれたかった。

***

書いてる内容が、自分が本当に伝えたい内容なのかもわかんなくなってきました。

このブログに書いてあることは、ほとんど私の生活に関係のあったことか私が興味持ったことなんです。

でも、作業してるうちに「それよりもっと他にやることあるんじゃないの?」みたいない疑問がわいてくるんです。

つねに自分の心の中にあるモヤモヤした何かに邪魔されて、やりたいことをやってるはずなのに全然楽しくない状態になってしまいます。

***

疑問とかわかずに、最初から最後までやる気があったのはタイの洞窟のニュースの記事くらいです。

初期に書いた記事なのに、これだけは非公開にもせず、書き直しもせず、そのまま載せてます。

「全員見つかった!やったー!」の気持ちのまま勢いで書いたのが良かったんでしょうね。

他の記事は「これでいいんかな…アカン気がする…」と思いながら書いてます。

***

もっとテンション上げて書かないとだめですね。強い心を持たないと。強い心を持つにはどうすればいいのだろう。

もう一度、勢いで記事が書けるような嬉しいニュースが飛び込んでくればいいんだけど、

ニュースサイトみて嬉しいニュース探すか…。暗いニュースの方が圧倒的に多いんだよなあ…。

ひとつのカテゴリーに対して記事が少なすぎる

記事をカテゴリーごとに分けてみました。

今までずっと、すべての記事を「未分類」のカテゴリーに突っ込んでいたので、全然関係ない記事同士がごちゃ混ぜになっていました。

見に来る人に対して、不親切な作りですね。

改めました。

***

そして、カテゴリーを分けたことで、もうちょっと記事増やさなきゃなあという気持ちが、より一層強くなりました。

1番目の「猫」のカテゴリーとか、現時点で公開してる記事が一つしかないんですよ。

それカテゴリー分ける意味ある?って。

自分にとって重要な順に番号ふったはずなのに。

カテゴリーひとつに対して記事10個以上になるようにしよう。がんばろ。

***

ここまで書いてきて思ったんですけど、ブログを始めたばかりの時におそわれる不安感とか、悩み苦しみって、記事の数が増えれば解決する話なんですよね。

暗闇を光なしで歩き続けながら、努力を続けないと、つらい状態からは抜け出せないんです多分。

はじめ意味不明の戯言しか書けなかった私が、なんだかんだで文章書くのに慣れてきてるし、もっと長く続ければブロガーさんみたいな、ちゃんとした記事が書けるようになるかも。

そう思いながら、書くのを続けます。

まとめ

ブログはじめて一か月で言い知れぬ不安感に襲われています。

このまま続けてちゃんとしたブログになるのだろうか。

でもこの暗闇を抜け出すには、今はじっと耐えて、記事を書き続けるしかないのだ。

そう思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする