アンダーテールはモンスターが攻略対象のギャルゲだと思えばいいんだ

ゲームをあんまりやらない私が、大人になってから久しぶりにハマったゲームについて書いていきます。

そのゲームのタイトルは「アンダーテール」といいます。

2015年に発売された、ロールプレイングゲームです。

地下世界に落ちた主人公が、地上に戻ることを目指す物語です。

UNDERTALE

アンダーテールの本当の目的とは

このゲームは、あらすじとビジュアルだけを見ると子供向けのゲームみたいなんですが、 実際は元ネタになったレトロゲームを子供のころに楽しんだ大人のためのゲームです。

何週もすることを前提として作られていて、Nルート(中立ルート)、Pルート(平和主義者ルート)、Gルート(虐殺ルート)の 3種類のエンディングがあります。

初回は必ずNルートになるのですが、Nルートにはゲーム内での行動によって何種類ものバリエーションがあります。

***

私は最初のうちはゲームの趣旨がよくわかってなくて、 それまでのゲームでやっていたように普通にモンスターを倒していたのですが、 途中で気が付いて遊び方を変えました。

これはドラクエみたいに敵を倒すゲームじゃなくて、 モンスターが攻略対象のギャルゲだと思えばいいんだと。

ギャルゲは女の子のキャラクターと仲良くなって、自分を好きになってもらって、恋人同士になるのが目的です。

アンダーテールはモンスターと仲良くなって、自分を好きになってもらって、友達同士になるのが目的なのです。

目的を達成するための過程が、ギャルゲとアンダーテールで似ています。

何とか好感度を上げようと、コミュニケーションをとりまくって、相手の喜ぶポイントを探すのです。

そして、ギャルゲみたいにあの手この手でモンスターのご機嫌取りをしているうちに、はじめはゲームを進めるための作業だったのが、だんだんモンスターが可愛く見えてきます。

萌えの感情が生まれるのです。あの白黒のガタガタした絵に対して。

そして私は思ったのでした。

「あれ?これって短いギャルゲを繰り返しているみたいだな」

***

一部の人には、モンスターと友達になるためのやり取りがめんどくさいといわれているようなのです。

私も始めのうちは、戦闘が始まるたびに「またかよ~、めんどくさ!」と思っていたのでした。

しかし、モンスターとのやり取りを通じて、モンスターに対して思い入れを持つことが、このゲームの主な目的なのだと思うのです。

プレイヤーが平和主義者ルートを選びたくなるような演出が、随所に仕掛けられています。

気が付いたら作者の思った通りの行動をとらされているのです。

***

ゲームが好きな人は、すべてのエンディングを見て謎解きするのだと思いますが、 正直私はGルートをやりたくありません。

プレイする前はすべてのエンディングを見たいと思っていました。

でも見たくなくなったのです。

Gルートは出てくるモンスターを皆殺しにしないといけないのです。

せっかく仲良くなったモンスターを殺したくないです。

こういう気持ちを芽生えさせるのも作者の目論見通りなのでしょうが…。

MOTHERの子供でゆめにっきの兄弟

アンダーテールの一番の特徴は、上で書いた通り敵を倒さなくてもいい事です。

敵を倒さなくてもいいといっても、倒すこともできるので、どちらを選ぶかはプレイヤーの自由です。

ゲームの中でどんな行動をしたかで物語の流れが変わります。

***

このゲームはゲーム会社が作ったのではなくて、ほとんど個人で制作した同人ゲームです。

作者はトビー・フォックスというアメリカ人男性です。

彼は元々ゲーム作家ではなく、高校生のころから音楽を作ってネット上で発表していた作曲家です。

ゲーム内のBGMも自分で作っていて、このBGMの評価も非常に高いのです。

アンダーテールを作るまではゲームを作った経験はほとんどなかったそうで、それなのにヒット作になるなんてすごいと思います。

本作は100万本以上を売り上げて、初めは英語版しかなかったものの、今では各国の言語に翻訳されています。

***

日本では、日本語版が公式から発表される前に、有志によって日本語パッチが配布されました。

その後公式から正式な日本語版が販売されたので、非公式パッチは役目を終えて配布終了となりました。

アンダーテールは様々なゲームから影響を受けていて、詳しい人はゲーム内の描写でそれに気が付くみたいです。

私は元ネタとかはわかりませんでした。

特に「MOTHER」や「東方Project」の影響が大きいそうなんですが、 残念ながら私はどちらもやったことがないんです。

***

ただ、「ゆめにっき」というフリーゲームに雰囲気が似ているなと思いました。

昔ゆめにっきの実況動画を見たことあるのですが、人物や背景の見た目や全体的にレトロな感じが似ています。

ゆめにっきは鬱々としているけど、アンダーテールはあれが明るくなった感じだなと思いました。

ゆめにっきに雰囲気が似てると思ったのは、どちらもMOTHERに影響を受けて作られたゲームだからだそうです。

同じ母親から生まれた兄弟だったのですね。

ゆめにっき

アンダーテールのあらすじ

ゲーム内の世界観について。

昔むかし人間とモンスターの間で戦争がありました。

人間に負けたモンスター達は魔法で地下の世界に封印されました。

地下の世界には結界があって一度入ると外に出ることができません。

ある日、山に迷い込んだ一人の子供が転落事故によって地下の世界に入ってしまいます。

この子供が主人公です。

プレイヤーが操作するのは縞々の服を着たおかっぱ頭の子供で、性別はどちらともとれるようにわざと曖昧にしてあります。

地下世界に落ちた主人公は黄色い花畑の上で目を覚まします。ここから物語のスタートです。

ルインズ

主人公はまず、フラウィという人の言葉を話す黄色い花に出会います(通称クソ花)。

見た目は可愛いし、友好的に近づいてくるけれど、その正体は…。

***

最初にうろうろする場所はルインズという地下の遺跡です。

壁も床も紫色でたくさんのパズルがあるのですが、このパズルを解くことが先に進むための試練になります。

と言ってもゲーム初心者でもクリアできるくらいの難易度に設定されています。

***

フラウィの次に出会うのはトリエルさんです。

うさぎのような垂れ耳に、山羊のような角を持ったモンスターの女性です。

ルインズでの過ごし方を教えてくれるのですが、これがゲーム操作方法を教えるチュートリアルになっています。

***

ルインズを歩いている時に内気な幽霊に出会います。

ナプスタブルックといって、私はアンダーテールの中ではこの子が一番好きかもしれません。

主人公はルインズから出るためにある試練に立ち向かわなければいけません。

スノーディン

地下遺跡ルインズの先にあるのはスノーディン。

雪が積もっている寒そうな土地です。

地下の世界に封印されたモンスターたちは、快適な生活を求めて地下世界の奥へと進んだのですが、 寒さに強いモンスターがこの場所に残ったそうです。

***

スノーディンでは、スケルトンという骸骨のような見た目のモンスターの兄弟と出会います。

兄の方がサンズ。

お調子者で寒いおやじギャグを連発しますが、本当は弟の事を心から気にかけている優しい兄です。

弟の方がパピルス。

王様に仕える戦士を目指している心優しくて純粋な青年(少年?)です。

パピルスはいい子過ぎて見ているうちに絶対好きになってしまいます。

***

この兄弟とのやり取りはかなりコミカルで楽しめます。

パピルスは戦士として認められるために人間である主人公を捕えようとします。

が、 なんだかんだ合って友達になってしまったので、何とか主人公を逃がそうとします。

パピルスの師匠であるアンダインが主人公を捕えようとしているからです。

ウォーターフェル

スノーディンの次に辿り着くのは、水の世界ウォーターフェルです。

全体的に青く薄暗く、洞窟のいたるところに滝が合ったり光るキノコがあったりで、神秘的な場所です。

***

アンダインは半魚人型モンスターの女性です。

かなり強い王様直属の騎士で、パピルスに頼み込まれて師匠になりました。

王様の命令で主人公を捕えようとしますが、彼女もまた本当は心の優しい人で、 戦士になるには優しすぎるパピルスの事を心配しています。

***

主人公はモンスターキッドという子供と友達になります。

スノーディンから、憧れのアンダインに会いたくて、主人公の後をついてきた恐竜型モンスターの子供です。

両腕が無いかすごく小さいのでよく転びます。

友達になった主人公をかばって、アンダインの前に飛び出す勇気のある子です。

***

ウォーターフェルの迷路の中で、テミーの村という謎の場所に続く道があります。

テミーの村は、テミーという犬のような生き物が住んでいる場所です。

アンダーテールの制作にはテミー・チャンというイラストレーターの女性が協力しているので、 おそらく彼女がテミーのモデルです。

***

ウォーターフェルからさらに下の下水道みたいな場所に落ちた後、 ルインズで出会った幽霊のナプスタブルックの家に行くことができます。

ここでできるカタツムリのレース、私はまだ一度も勝てたことがありません。

ホットランド

ウォーターフェルからアンダインの追跡を逃れて辿り着いたのは、 溶岩に囲まれたホットランドです。

ここには実験施設(ラボ)があり、王様直属の科学者アルフィー博士に出会うことができます。

アルフィーから、メタトンというロボットが人間を殺すために暴走していると告げられます。

***

ここから数回メタトンによる、テレビショー仕立てのゲームに付き合わされます。

メタトンはアルフィー博士が作ったロボットで地下世界で唯一のテレビスターです。

地下世界唯一のリゾート施設である「MTTリゾート」の経営者でもあります。

お金持ちっぽいですね。羨ましいです。

***

途中、紫色の蜘蛛型モンスターの女の子、マフェットと出会います。

主人公の事を蜘蛛をいじめるのが大好きな人間だとメタトンに吹き込まれて襲い掛かっています。

マフェットは敵の中でもかなり可愛いので人気のあるキャラクターです。

7つのたましい

数々の試練を乗り越えて、とうとう主人公は地下世界の王様アズゴアのもとに辿り着きます。

人間の魂を7つ集めて地下にかけられた魔法を解き、モンスターたちを地上に解放しようとするアズゴア。

主人公はアズゴアをうまく説得して元の世界に帰らないといけないのですが…。

UNDERTALE

まとめ

アンダーテールはモンスターと友達になるゲームです。

レトロ風のビジュアルと、魅力的なキャラクターたちに、あちこちに仕掛けられた細かい演出。

そして最後の戦いを終えた後の、驚きの展開。

普通のゲームだと思ってプレイしていたら、いつの間にか名作だろこれ…となります。

はじめは「なーんか古臭い見た目だし、モンスターと仲良くなるのめんどくさいなあ」と思っていたのが、モンスターの事が好きになってしまいました。

モンスターに思い入れを持ちすぎて、殺せなくなったら、作者の手のひらの上で転がされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする