一か月間本気でブログを書いてみて変わったこと

このブログを再開して、本気で記事を書き始めてから一か月がたちました。

一か月間で私の中で変わったと感じた事を書いていきます。

過去記事の悪いところに気が付く

このブログを再開してから、自分なりに頑張って記事を書いてきたのですが、最初の方の記事は自分でも読み返したくないくらいひどい出来なので非公開にしました。

クロネさんのブログ講座に30記事を超えたら、初めに戻って過去の記事を書き直そうと書いてありました

ブログ初心者は30記事書くために、1番目の記事で成長を感じろ!|クロネのブログ講座

30記事書いたころには記事の書き方もわかってきて、初めのころに書いた記事がひどい出来だというのがわかるからと言うことでした。

でも30記事を書いた時点の私は、過去の記事をどう書き直せばいいのかわからずに、このままでいいと思ってしまいました。

本当にひどい出来だったのに。今ならどう直すべきかわかるのに。

30記事書いた時点では、私はまだ過去記事を書き直せるだけの力をつけていなかったのです。

***

その後、ブログ記事のテンプレがだいたい同じであることを知ったこと、文章の書き方について調べてみたこと、これらの記事を書いたことがきっかけで、私の書く文章は格段にブログ記事らしくなりました。

ブログ初心者が最短時間で記事を書くためのテンプレート

ブログ初心者が5W2HとPREP法を使って最短時間で記事を書く

ブログ記事のテーマを決めるのにマインドマップが役に立つ

それと同時に自分がそれまで書いてきたものが、急にゴミのように見えてきたのです。

あれをそのまま公開し続けるのはつらいので、書き直しが終わるまでは非公開にすることにします。

過去記事の出来の悪さに気が付いたということは、私はやっとブログレベル30に達したんだろうとおもいます。

ある一定のレベルに達していないと、どこが悪いか、どうやって直すべきか、それすらもわからないのです。

過去記事は消してはいけない

記事の書き直しができることに気が付いたことで、消してしまった記事を消さずにおいておくべきだったと後悔しました。

私はブログを何回も作っては、何か違うと書いた記事を何度も消しているのです。

たとえ納得できなかったとしても、書いた時は何か思うことがあったはずです。

何か悩み事はなかったか、何か解決できることはないか、昔興味のあったことについて書いていないか、何かしら意味があったはずです。

ブログ記事のテンプレートがわかった今は、過去記事からネタを拾ってブログ記事の形にすることができるとわかります。

完全に消してしまったら、書いた時の時間と労力が無駄になっただけです。

消すべきではなかったと後悔しています。

過去に書いた記事を手直しして最新記事として更新すると、当たり前だけどいちから書くよりずっと早いんですよ。

再々々チャレンジ

このURLで何度もブログを始めては消しています。

もう何回もチャレンジしては失敗しているのです。

昔私が書いていたブログはそれはそれはひどいものでした。

お酒を飲んで酩酊状態で書いたかのような、何の意味もない支離滅裂な文章ばかりでした。

あの頃書いていたものは、ブログ記事とは言えません。

ただの日記なら何を書こうがいいですけど、私が求めていたものとは違うものでした。

***

自分が何もできないことに絶望し、それならブログを書きながら何かを一つずつ習得して、それを記事にすれば一石二鳥じゃないかと考えました。

私にはできないことが多すぎます。そしてやりたいこともたくさんあったのに、どれも手つかずのままに放置していたのです。

何もしてこなかったことか、私の人生を不幸にしていると感じていました、

ならできることを増やせばいい、ブログに自分の成長記録を書きつつ、勉強を続けるのはどうだろう、まずはブログ記事の書き方からだ、そう考えたのです。

***

一か月間手あたり次第に記事を書きました。記事の内容に統一性も何もありません。

ブログ記事の内容は、一つのブログに似たようなカテゴリーばかりを置いた方が、見る側にとっては親切で、アクセスも増えることも知っていました。

それでも、ジャンルにこだわらず思いついたことを書きました。

一つのカテゴリーを追求して記事を書けるほど、知識があるわけではないから、思いついたことをその都度調べて書いていたのです。

初めのころの記事は本当にひどいものでした。失敗だらけのブログ制作記というタイトルだけは読めば何かの役に立ちそうな感じでしたが、中身はただの思い出話と鬱日記でした。

ブログの作り方について詳しいことなど何も書いてありませんでした。

そりゃそうです。私はブログの正しい作り方を知らないまま、何となくやってただけだったので、人の役に立つ記事なんて書けなかったのです。

***

そんな記事を書いて、「これでいい」と思っていた私が、「こんな記事じゃだめだ」と気が付いて非公開にするくらいには、ブログ記事の良し悪しがわかってきたのかなと思います。

はじめは本当にどこがダメなのかすらわかりませんでした。

まとめ

一か月間本気でブログを書いてみて、まともなブログ記事のテンプレと、過去記事の直し方について学びました。

少しは、ダメな記事といい記事の見分けがつくようになったと思います。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする