Charaとスカパラのコラボ曲「サファイアの星」

音楽紹介2回目は、「サファイアの星」。

東京スカパラダイスオーケストラにゲストボーカルとしてCharaを迎えた曲です。

一回聴いたら癖になってずっと耳から離れなくなります。

歌モノ三部作の第2弾

プロモーションビデオの色彩のあせた感じとか、Charaの着ているレースもりもりのドレスとか、全体的に古い絵本のような雰囲気が素敵です。

シングルCDの発売日は2006年2月15日。もう12年前の曲なんですね。

当時のチャート最高順位は週間16位でした。

個人的にはもっと上でもよかったんじゃないかと思うんですが、ボーカルがかなり個性的なので好き嫌いがわかれるのかもしれないです。

***

「サファイアの星」は「歌モノ三部作」という企画で作られた曲です。

一曲につき一人のゲストボーカルを迎えて作った曲を、連続で3回出すという企画です。

歌モノ三部作の第1弾は2001年にORIGINAL LOVEの田島貴男、チバユウスケ、奥田民生の3人と作られました。

Charaが参加した歌モノ三部作第2弾は、他にハナレグミの永積タカシと甲本ヒロトが参加しました。

created by Rinker
カッティング エッジ

作詞作曲はスカパラメンバー

「サファイアの星」の楽曲は東京スカパラダイスオーケストラのメンバーによって手掛けられています。

作詞は谷中敦、作曲は沖祐市です。

Charaは自分の曲の歌詞を作詞するので、この曲もCharaが作詞したのかと思っていたのですが、違いました。

リハーサルの時に最初に歌詞を見たCharaが、「こんなロマンチックな歌詞は私でも書かない」といったそうです。

女性的な歌詞を書くことに挑戦した谷中さんは、自分は菓子職人だと思い込んで、甘い世界観を作ることに専念したそうです。

歌モノ三部作の第1弾では、めくるめく歌詞がテーマだったのですが、第2弾では聞いてはっきりとわかる伝わりやすい歌詞を目指したそうです。

***

Charaが他のミュージシャンと出した曲というのは、だいたいボーカルの個性が強すぎて、全部Charaの曲になってしまうのです。

でも「サファイアの星」はスカパラとのバランスが非常に良くとれている曲です。

バックの演奏に徹しているのが、逆に役割分担できていて、よかったのかもしれないですね。

歌詞について

サファイアの星 東京スカパラダイスオーケストラ 歌詞情報 – うたまっぷ 歌詞無料検索

いつまでも夢を見続ける男性を見守りつつも励ます、心優しい女性の心境をうたった曲だと思います。

私は女ですけど、いつまでもふらふらしているタイプなので、サビの

ねえまだ終わらない旅を続け「探し出せない」と夢の中ひとりごと言う日々を追いかけるの?

というくだりが非常に耳に痛いです。

遠くで触れない星というのは、追い続けているけどなかなかかなえられない夢のことですね。

最期の錆の前の歌詞、遠くにあって触れないはずの星が、サファイアの中で光るとあります。

これは、二人の愛情にあふれた生活が、夢をかなえるための足掛かりになるということでしょうか。

動画はDVD付きアルバムに収録

「サファイアの星」は2006年6月7日に発売された、東京スカパラダイスオーケストラのアルバム、「WILD PEACE」にも収録されています。

こちらのチャート最高順位は2位。かなり人気があったのですね。

DVD付CDの方には収録曲のプロモーションビデオが収録されています。

歌モノ三部作のゲストボーカルが歌う、

ハナレグミ「追憶のライラック」

Chara「サファイアの星」

甲本ヒロト「星降る夜に」

そして、スカパラメンバー全員で歌う「Come On!」の合計4曲です。

かなり豪華ですね。

created by Rinker
カッティング エッジ

結婚式で使える曲

実はこの曲、結婚式で流れる定番BGMらしいです。

かなりノリの良い明るい曲なので、会場を盛り上げたいときにピッタリなんだそうです。

歌詞にも特にネガティブな表現はないし、結婚式で使っても問題のない曲なのでしょうね。

私はこの曲が結婚式によく使われるとは、全然知りませんでした。というか意外だなと思いました。

でも歌詞の意味をよく考えると、夢を追いかける若者が二人で愛情のある生活をするという意味なので、よくあってるのかもしれませんね。

披露宴の、乾杯シーンやケーキ入刀、デザートビュッフェ中の曲として、会場を明るく楽しい雰囲気にしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする