目標を決めてスケジュールも立てたのに行動に移せないときは

前回の記事を書いて、大きな計画を決めた後に、具体的な小さな計画を立てればいいことはわかりました。

頭の中で考えてるだけより、紙に書いた方がいい事もわかりました。

でも実行に移そうとすると、心にブレーキがかかるのです。

***

やり方はわかっても実行に移すまでに気力を使います。

やろうやろうと思っているうちに、気が付いたら時間が過ぎてしまいます。

そういう時にどうするかが今回のまとめの内容です。

やる気が出なさ過ぎて無理な時は、タイマーをセットして5分後に動く

以前、やる気を出す方法のまとめで、タイマーをつけて5分間やってみるという内容の記事を書きました。

集中力をアップするために、タイマーをセットして5分間だけやってみる

今回もやる気なし人間の友、キッチンタイマーに頼ろうと思います。

***

計画を立てたのにやる気が出ないときは、5分後に音が鳴るようにタイマーをセットして、5分間は一切何もせずにじっとしています。

そしてその間に、次にやることを具体的に決めておきます。

この時のやることっていうのは、勉強道具を机の上に出すとか、一瞬で終わるようなことです。

勉強道具を出したついでに、勉強に入るのならそれでもいいし、やっぱりやる気が出ないならもう一度5分間何もせずにじっとします。

やる気のエンジンが温まるまでは、5分じっとして、一瞬動いてを繰り返します。

そのうち5分間もじっとしてるのが馬鹿馬鹿しくなって、連続して行動しようという気になります。

***

これが本気でやる気が一切ないときの、私の対処法です。

注意すべきなのは5分間じっとしている時は、何もしないことです。

ここでインターネットを閲覧したり、本を読んだりしてしまうと、そっちに夢中になって帰ってこれなくなるのです。

5分間は本当に目をつむってじっとして息をするだけにしてください。

だんだん何もしないのが苦痛になって、何かをしたくなるので、そこで計画通りの行動をします。

***

本気で疲れている時はじっとしている間に眠ってしまうのですが、そういう時はあきらめて寝てしまいましょう。

無理したら体を壊す元です。

本当に疲れているのか、心にブレーキがかかっているだけなのかを判断するためにも、良い方法だと思います。

他の事がしたくなったら、3つまでと決めて行動する

作業中に部屋が散らかってるのが気になって掃除を始めたり、洗濯ものをたたみ始めたり、別の事をしてしまう時があります。

これは作業に飽きて逃避のためにやっているのです。

部屋が片付くのはいい事ですが、今やるべきではないことですよね。

***

気分転換で少しだけやり始めたことが、結局夢中になりすぎて一日終わってしまうとか、よくあることです。

これでは、せっかく立てた予定が狂ってしまいます。

気分転換は限度を決めて、3つだけしかやってはいけないと決めておきましょう。

時間がかかるような事ではなく、5分以内に終わるような簡単な用事です。

***

同じことをずっと続けていると、ストレスを感じて作業の効率が落ちていきます。

特に作業することが習慣化できてないうちは、作業自体がストレスなので、息抜きが必要です。

少しだけ違うことをして、気分が変わったら、また元の作業に戻ります。

目標は思い切って周りの人に宣言する

私は、前まで1日の予定をノートかメモに書いていたのですが、全然予定通りに行きませんでした。

自分しか予定を見てない状態だと「別に今日やらなくてもいいか」と、甘えが出てしまうのです。

そこで、試しにツイッターに今日の予定を書いてみたところ、全部は出来なくても8割くらいは予定をクリアできるようになりました。

***

一応人の目に触れるところに書いているから、プレッシャーを感じるのでしょうか。

ストレスを感じる嫌な予定もこなせたし、18時以降何も食べないというのも守れてます。

何かやりたいことがあったら、思い切って人に話してしまう方がいいのかもしれないですね。

***

先にツイッター上で宣言してしまうと、やらなかったら「またあいつはサボって」って思われそうだし嫌なんですよ。

人の目を気にして、多少無理してでも予定をこなそうとします。

自分の心の弱さを逆手にとって、自分を追い詰める方法です。

まとめ

どうしても無理な時はタイマーに頼る。

気分転換は小さな用事を3つだけ終わらせる。

自分のやりたいことを人に言ってしまう。

今回のまとめは以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする