ウォーターフロントの安くて軽くてかわいい折り畳み傘

私が愛用している折り畳み傘は、ウォーターフロントというブランドのものです。

雑貨屋で見つけた折り畳み傘

数年前にたまたま入った、文房具やアクセサリーを売っているよくわからない雑貨屋で見つけました。

正直、あまり私好みの品ぞろえではありませんでした。

そんな店で、ほんとにたまたま掘り出し物の傘を見つけてしまったのです。

まず見た目の割に安いので興味をもってよく見てみました。

POPに書かれていた500円という激安価格にひかれたのと、折り畳み傘の商品棚がカラフルで見ていて楽しかったのです。

派手過ぎず地味すぎずの良いデザインでした。さっそく1本買って帰りました。

これが初めての出合いで、それからずっと同じブランドの同じデザインの傘を愛用しています。

ブランド名はウォーターフロントだけど会社名はシューズセレクション

販売元は株式会社シューズセレクションという会社です。

ラベルに書いてあるブランド名はウォーターフロントだけど、会社名はシューズセレクションなんですね。

会社名から、元々靴の会社だったけど傘も作るようになったのかと思ったんですが、元々傘の会社だそうです。

なんでシューズセレクションなんだろう。

東京の自由が丘にウォーターフロントの4階建て店舗があって、約1万本の傘が売られているそうです。

傘販売の専門ビルですね。1万本も傘が並んでいたら圧巻でしょうね。

自由が丘のお店以外でもウォーターフロントの傘は売られています。

私が最初に見つけたのは雑貨屋でしたが、書店やドラッグストアで売られているのを見たことがあります。

ホントになんでこんなところに傘が?みたいなところで売ってます。

シューズセレクションは、傘の会社としては後発組だったので、他の傘メーカーと同じことをしても売れないと判断しました。

そして、本来傘を扱っていなかったお店に、次々と営業をかけて売り場を新規開拓していったみたいなのです。

それが成功したのですね。

私が一番気に入ってるのはペン細ボーダー

ウォーターフロントの傘はネット上でも買うことができます。

何種類か形の違う傘が売られていて、だいたい1000円から500円で折り畳み傘を買うことができます。

私は傘と言えば、ここの折り畳みしか使わなくなりました。

小さくて軽いのでカバンの中にずっと入れていても邪魔にならないのです。

長傘みたいになくす心配もないので、傘の忘れ物が多かった私は、もう折り畳みしか使わないです。

私が一番気に入っているのはペン細ボーダー柄。

140gの軽さで、細身。持ち歩いても邪魔になりません。

ウォーターフロントの傘はだいたいどれも軽くて小さいのですが、最終的にペン細ボーダーに落ち着いたのは、見た目が可愛いからです。

まとめ

ウォーターフロントの折り畳み傘は、安くて、軽くて、小さくて、かわいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする