計画性を身に着けて、目標を達成する

このブログではあらかじめ決めたカテゴリーで、記事を10個ずつ書こうと思ってます。

「ブログの書き方」「やる気の出し方」が終わったので、次は「計画性を身に着ける方法」です。

***

私は計画性が全くなくて、いつも始めたことが中途半端に終わってしまうばかりでした。

もうちょっと目標を達成できるようになれれば、満足感のある人生を送れるようになると思うのです。

能力以前に何をどうすればいいのか全然わかっていないのが問題です。

***

これから記事を書く目的は、「計画性を身に着ける方法」を知ること、目標達成の方法を知ることです。

記事を書くために調べたことを身に着けて実行する事で、自分の問題を解決できればいいなと思ってます。

大きな目標を決めたあと小さな目標を決める

計画性を身に着けるためには、計画を立てて達成したい目標をしっかりと決めます。

このとき、ぼんやりとした大きな目標は簡単に思いつくんです。

でも、大きな目標のままだと、これから具体的に何をすればいいのかわかりません。

具体的な行動を決めるためには、大きな目標の中に小さな目標を決めます。

大きな目標を達成するために必要なステップを、小さな目標として設定するのです。

***

試験に受かるために、テキストを最初から最後まで終わらせないといけないとします。

それなら、試験の日までの日数でテキストのページを割って、一日に何ページ終わらせるかを決めます。

なんとなく勉強を始めて疲れたらやめるのを繰り返していたら、最後まで終わらない可能性があります。

一日に終わらせないといけない分が決まっていたら、絶対そこまでは終わらせようとします。

今日の分が終わったら、そのあとは休憩できるので、早く終わらせようという気にもなります。

ゴールの見えない努力はつらいですが、ゴールが見えているとやりがいも湧いてくるのです。

***

計画性のない人は、能力がないから努力できないというよりも、やることがわかっていないから行動できないのです。

勉強なら今からテキスト10ページこなすとか、ダイエットなら今から1時間運動するとか、すぐ出来そうなことを決めてそのとおりに実行します。

小さなゴールををクリアするたびに、大きなゴールに近づいていきます。

目標を目で見てパッとわかりやすくする

達成したい目標が決まったら、計画表を作った方がいいみたいです。

私はこういう作業が面倒くさくて、頭の中で考えるだけにしがちなんですよ。

でも、目標を頭の中だけに置いといたら、いつの間にか忘れて消えてしまうんです。

初心を忘れないためには、紙に書いて貼っておくのが一番いいです。

***

予定を頭の中に置いておくと、忘れないようにするだけでも、無駄なエネルギーを使います。

目標は紙に書いて、さっさと頭から出して、脳みそは行動するためにフル回転させた方がいいですね。

大きい目標と、小さな目標を紙に書いて、常に目に入るようなところに貼っておきます。

見るたびに目標を思い出すので、初めのやる気が持続するのです。

***

計画表ができたら、今どの段階まで進んだかわかるようにすると、やる気が出ます。

計画表を紙に書いて貼ってあるなら、紙の端にクリップを挟んでできたところまで動かすとか。

磁石のくっつくところに書いてあるなら、マグネットを貼るとか。

自分のやる気が出るような「ここまでできた」の目印を作るといいと思います。

予定を立てるときは欲張らない

計画表を作るとき、つい欲張って無理なスケジュールを立ててしまいがちです。

でも無理な計画を立てて、実行できずに行き詰ったら、その時点でやる気をなくしてしまいます。

あんまり欲張らずに、自分でも出来そうなレベルにとどめておいた方がいいですね。

小さな目標は、少しの努力で達成できそうなレベルにしておきます。

***

物凄く頑張ってやっとクリアできるレベルの目標は、一日頑張ったら次の日にはやる気がなくなります。

今日だけ出来たらいいのではなくて、毎日続けることを考えて目標を決めないとだめです。

最初の日は張り切ってできても、二日目、三日目と、だんだん疲れがたまっていきます。

一日分の疲れを次の日に持ち越さないくらいにしておきましょう。

一日目はちょっと物足りないくらいが、無理なく続けられて良いペースだと思います。

***

そして、どうしてもできない日が出てくることもあるので、日数に余裕を持たせた方がいいと思います。

一か月間で終わらせる!と予定を立てて、毎日びっしり行動することにしていたら、一日できない日が出た時点で予定が狂います。

体調不良や急な予定が入るなど、「出来ない日」は必ずあるものとして、初めから予定に組み込んでおきます。

もちろん毎日滞りなく予定がクリアできて、目標の日よりも早く終わったら言うことはないです。

まとめ

計画性を身に着けたかったらまず目標を決めます。

大きな目標が決まったら、段階的にクリアできるように小さな目標を決めます。

目標は紙に書いて、目に入る場所に貼っておくのがいいです。

今どこまで進んだか、見てわかるようにしておきます。

予定を立てるは無理のないペースでできるようにします。

今回のまとめは以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする