ブックオフと駿河屋の宅配買取サービスを比べてみた

いらない本が大量に出て、なるべく手間をかけずに処分したいのなら、古本屋の宅配買取サービスが便利です。

今回は、私がよく利用する大手の古本屋、ブックオフと駿河屋の宅配買取サービスについて書いていきます。

うわさでは駿河屋の方がいいみたいな話を聞きますが、本当はどっちがいいのでしょう。

両方の良いところと悪いところを比べてみました。

大量の本を処分するなら宅配買取サービスを使うのが楽

楽天市場のブックオフと駿河屋では、宅配買取のサービスもしています。

宅配買取ができると、店舗まで重い荷物を抱えて売りに行かなくて済むので、とても助かります。

段ボールの中に本を詰めて送ると、一週間ほどで買い取り金額のメールが届きます。

その後、こちらで指定した口座に買取の代金が振り込まれます。

引っ越しや大掃除で、いらない本が大量に出てきて、早く楽に処分したいときには、ぴったりのサービスです。

段ボールを用意して荷造りしたり、銀行口座を登録したり、身分証のコピーを送ったりという手間はどうしてもかかります。

しかし、大量の本を持ち歩いて処分することを考えると、宅配買取の方がはるかに楽です。

ブックオフは買い取り金額が安い

ブックオフは大手の古本屋であり、利用するのに有名なので安心感があります。

ただ、買い取り金額が安い事でも有名です。

査定を簡略化して、どのスタッフでも買取できるようにしたことで、勢力を伸ばしたお店なので仕方がないのですが…。

ブックオフで本を売るときは、本気で要らないどうでもいい本を捨てるのだと思って売った方がいいかもしれませんね。

少しでも愛着が残っていたり、希少価値のある本は、ブックオフに売らない方がいいです。

希少価値のある本でも、古かったり汚れていたりすると、値段が付かずに処分されることもあります。

そういう本は、価値がわかる個人経営の古書店に持ち込んだり、ネットオークションなどで売ったりした方がいいですね。

本当に貴重な品は、まとめ売りなんてしたらもったいないと思います。

下手すると、汚いからって処分されてしまうかもしれませんし、文化的な損失ですね。

価値がありそうだけどどこで売ればわからないときは、ツイッターなどのSNSで、欲しい人を探すのもいいかもしれません。

どうせ売るなら駿河屋の方がいいという噂

ブックオフよりも駿河屋で売った方がいいという話を聞いたのですが、本当でしょうか。

お金が目的ではなく、ほんとに要らない本を処分するだけでも、ブックオフは無いわと言われるのですが。

どうもブックオフよりも駿河屋の方が、買い取り金額が高くなる傾向にあるらしいのです。

そのため、どうせ売るなら駿河屋の方にしておいた方が得だということなのですが…。

ある程度知名度のある大手の古本屋で、宅配買取のサービスもやってるし、条件が一緒なら駿河屋にしておいた方がいいのかなって気になってきます。

ブックオフと駿河屋を比べてみた

そこでブックオフと駿河屋の宅配買取サービスの違いを調べてみました。

  • ブックオフと駿河屋に全く同じものを売ると、駿河屋の方が高くなる傾向がある。
  • 段ボールを自前で用意しないといけないのは、どっちも同じ。
  • ブックオフは宅配買取を依頼したら、自宅まで荷物を取りに来てくれる。
  • 駿河屋は荷物を自分で配送するか、集荷サービスを手配しないといけない。
  • ブックオフは本人確認に、身分証のコピーを同封しないといけない。
  • 駿河屋は本人確認のために、申込者の住所に簡易書留葉書を送付して確認する。
  • ブックオフは、本・ゲーム・CD・DVDなどを買い取る。
  • 駿河屋は本・ゲーム・CD・DVDのほかに、おもちゃやキャラクターグッズなども買い取る。

こんな感じで違いが出ました。

***

荷物の引き取りまでやってくれることを考えると、一番楽なのはブックオフです。

駿河屋は配送の手続きは自分でしないといけないので、その分の手間がかかります。

お金は儲ける気がないので、とにかく目の前の不用品を処分したいって時には、ブックオフに頼むのが一番早いですね。

***

駿河屋の方が買取してくれる物の幅が広いので、ブックオフで買い取ってもらえない物があるときなどは、駿河屋を利用した方がいいです。

【楽天市場】ブックオフオンライン楽天市場店[初めての方へ(ご利用ガイド)買取について]

↑こちらのページに、ブックオフの買取できる商品一覧があります。

保存状態が悪いものは、値段が付かずに処分になります。

ネットショップ駿河屋 楽天市場店 お売りいただけるもの

↑駿河屋が買取できる商品の一覧です。

ブックオフと比べると、はるかに取り扱い商品の幅が広いです。

いらなくなったおもちゃや、景品で当たったキャラクターの食器などの処分もできます。

ブックオフは一般流通している商品しか買取しませんが、駿河屋は自費出版の本やCDも買取してくれます。

***

ちなみに、駿河屋の方が高く売れるとはいっても、やはり一番高く売れるのはオークション出品です。

時間と手間がかかってもいいから、少しでも高く売りたいのなら、ネットオークションに出した方がいいですね。

まとめ

楽をしたいならブックオフ。

いろんなものをまとめて売りたいなら駿河屋。

高く売りたいならネットオークション。

こんな感じです。

***

時間や体力に余裕があるのなら、一つずつ売るのがホントはいいんでしょうね。

でも、そこまで時間かけてられないし、オークションで変な人に絡まれたら嫌だし…という時は、あきらめて宅配買取を利用した方がいいと思います。

手間かお金か、どっちを取るかですね。

***

ブックオフの宅配買取サービスのページ。

【楽天市場】ブックオフオンライン楽天市場店[宅配買取(宅本便)]

***

駿河屋の宅配買取サービスのページ。

ネットショップ駿河屋 楽天市場店 買取の流れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする