「ブログを書く」カテゴリーの記事が10個貯まったから見返してみた

ブログを書くための知識を得たくて書き始めた「ブログを書く」カテゴリーの記事ですが、

10個貯まったので、今までの記事を振り返って、今現在の自分からのコメントをつけてみました。

悩み苦しみ落ち込むこともあったけれど、大概の事は正しい知識を身に着けることで解決するし、心も軽くなるってことがわかりました✨✨

今は割と落ち着いた気持ちで更新できています。

ブログ記事を書く前に

ブログ記事を書く最初の第一歩はキーワードを決めるところから

最初にキーワードを考えて、記事のタイトルと見出しに、キーワードを入れろという内容の記事です。

検索エンジンに表示されやすくするには、キーワードを入れるのは超重要な事みたいですね。

内容的には完全にクロネさんの記事の受け売りです。しかもあんまり守れてない気がします。

記事書くときに記憶から飛んで、適当なタイトルと見出しをつけてしまいます☠

せっかく情報を手に入れても、実行できてなければ意味がないんですよー!!😭😭😭😭😭

やっぱり定期的に過去の記事の書き直しはした方がいいですね。

誤字脱字とか、いらない文とか、結構見つかりますし。

***

ブログ記事の書き方 テーマは1つ ネタがなくなったら情報収集

ブログ記事1ページに対して、書いていいテーマはひとつだけ

記事の中にキーワードと関係ない話を書かない!という内容です。

キーワードで検索して見に来る人からしたら、キーワードに関係あること以外は邪魔なゴミなんです(戒め)。

つい書いてるうちに調子が付いて、思いついたことをあれもこれも盛り込みたくなりますが、邪魔なだけなんで削ぎ落とします。

延々関係ない話を続ける話の長いおばちゃんとか大嫌いだったはずなのに、自分がネット上でそれになってたら世話ねーなと反省しました😓💦

見に来た人が読みたがる内容しか書かない!肝に銘じます。

***

ブログ初心者だけど自分のブログを誰に読んでほしいのか考えてみた

「自分と同じ悩みを持つ人」「自分と興味の方向性が似ている人」に向けて記事を書きたいという決意です。

ブログの記事は対象になる人を絞った方が、よく読まれる記事になると言われています。

私の場合、人に何かを教えられる立場でもないし、何か特別好きなものはあるかと言われても、よくわからないつまらん人間なのです。

とりあえず自分に向けて書くか、と思いつきました。

本当はライフハックとか、趣味についても書きたいんです。

でも、自分の現状を見ると、それらのネタが書けるほどブログ記事の書き方がわかっていないと思うので、

まずはブログの書き方をまとめまくる方向でやって行こうと思ってます。

記事本文を書くための文章作成法

ブログ初心者が最短時間で記事を書くためのテンプレート

ブログ記事の構成はだいたいみんなに通っています。

なぜかというと、それが一番読んでもらえる構成だから。

プログ生地のテンプレートについて調べたところ、多くのブロガーさんが、同じような構成で記事を書いていることがわかりました。

自己流で書くよりも、テンプレを使って書く方が、楽だしスピードアップできます。

***

ブログ初心者が5W2HとPREP法を使って最短時間で記事を書く

文章を書くのが苦手なので、何とかもっと楽に記事を書く方法がないかと思って、文章作成方法について調べてみました。

5W2HとPREP法の、二つの文章作成法について書いています。どちらも穴埋め方式で、簡単に書くべきことをまとめられる方法です。

私はそもそも頭の中から何を書けばいいのか出てこないのです。

知識がないから調べないといけないこともいっぱいあるのに、何を調べればいいのかも検討が付きませんでした。

5W2HとPREP法を使うことで、とりあえずこれだけは書いておくべきみたいなものが理解できます。

穴埋めができたらパーツをつなぎ合わせて、自然な文章になるように間を埋めればいいのです。

***

ブログ記事のテーマを決めるのにマインドマップが役に立つ

マインドマップという自分の思考を整理する方法があるのですが、それがブログ記事を書くのに使えるんじゃないかと思ってやってみました。

詳しく調べてみると、マインドマップを作るときのルールがやたら厳しく決められていて、そこまでする必要ある?と疑問に思うようなこともありました。

私が書いてみたのは、かなり自己流で書いたなんちゃってマインドマップです。

真ん中に大きなテーマを書いて、放射線状に線を伸ばして、真ん中のテーマと関連のあることを書いて、また線を伸ばして…

守ったのはそれだけです。でも、ある程度のアイデアは出たし、頭の中がすっきりしたように感じます。

ブログに人を呼ぶにはどうすればいいのか

ブログに人を呼ぶにはスマホファーストと夜間の更新

インターネットを見ている人は、7割がスマホユーザーだから、スマホで表示したときに変にならないように、改行とか気を付けた方がいいですよという件。

それと、ネットに人が集まるのは22:00~24:00なので、ブログの記事は夜に更新するのがいいよ、という件について書かれています。

毎日同じ時間に記事の更新をするのは大変なので、あらかじめ書いて置いた記事を、時間予約して更新するのがいいかもしれないですね。

私のブログは現時点で、全然人が来てなくて、見に来てもみんなすぐ帰ってしまうという、直帰率バリ高ブログなんです。

けど、なぜかこの記事だけは、まともに読んでもらえてるみたいです。

なんでかなあ。冒頭文で本音が爆発してるからでしょうか。もっと心の内を出した方がいいのかしら🤔

ウザいかと思って、記事を書くときはできるだけ感情を出さないようにしているのですが、もっと出した方がいいですか???

ブログを書く上での悩み苦しみ

ブログの記事を毎日無理なくたくさん書きたい

タイトルが魂の叫びです。

一番効率よく記事を書くには、夜のうちに資料を読む→充分な睡眠をとる→朝一番に書く、ということが分かったのですが、

それが毎日できたら苦労はないんですよねー。

なんだかこの記事、悲壮感がにじみ出ています。

睡眠不足になっていい事なんて何もないので、焦らずのんびり書くことにしましょう。

無理しても体調を崩すだけで、思い通りに書けないんです。

***

ブログを続ける悩み苦しみ。人が来ない。思うように書けない。

タイトルが鬱です!自分なりに頑張って書いてるのに全然人来ないし、もう嫌になってきた…と思いながら書いた記事です。

今見たら落ち込むの早すぎるよ!って思えるんですけど、これ書いた時はホントに嫌になってました。

「全然人来ない」は、ワードプレスでブログを書いてる人全員が通る道なんです。

ブログを始めてから半年は、人が来ないのが当たり前なので、アクセス解析とかも見なくていいと言われています。

だったら今落ち込む必要とか全然ないですね。このまま続けて、今年の年末にどうなってるかとかを気にした方がいいです。

95%のブロガーが、人が来ない時期に脱落していくみたいです。

私は何としてでも5%のなかに入りたいです。これからしばらくPV数は見ません。

追記!直帰率を減らしたくて書いた記事

最後まで読んでもらえるブログ記事を書くには

「ブログの書き方」について書いた記事が10個貯まりました!

と、まとめを作ってよく見たら9個しかなかったんで、急いで10個目書きました(アホ)

ブログの記事を最後まで読んでもらえない悩みと、解決法についてです。

ブログ記事を書く前に、必要な材料を徹底的に集めて、読む人にとって必要な事だけ書く。

そして話が脱線しそうになっても、必要のない事は削る。

ブログの記事に必要なのは文章力だけじゃなくて、人を飽きさせないパフォーマンス。

大道芸とか実演販売に近い。

そんなことが書かれています。

この記事で紹介したジンボラボ公式ホームページの管理人さんからコメントいただきました!

はじめて記事にコメント付きました!

こういう丁寧なコミュニケーションができる人だから成功するんだろうな。

そこも含めて頑張ろうと思いました。

まとめ

振り返ってみると、たった10記事書く間にも、紆余曲折があったなと思いました。

自分が書いた記事にコメントをつける作業は楽しかったです。

また10記事貯まったらやろうと思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする