ブログ記事の書き方 テーマは一つ ネタがなくなったら情報収集

記事のテーマであるキーワードが決まって、さて今から記事を書くぞ!という段階になって気を付けることです。

ブログ記事の本文を書くときは、先に決めたキーワードと関係ない事は書いてはいけません。

これは気を付けないと私はよくやってしまうんです。

書いてるうちにどんどん関係ない方向に意識が向いてしまうんですよ。

ひとつのテーマに絞って書く

最初に決めたキーワードと関係ない事は書いてはいけないということですが、結構やっちゃいますね。

あれもこれも書きたいと自分では思ってるんですけど、読む人の立場に立てば、一つの記事には一つのテーマしか入れない方がいいんですよね。

ブログの書き方について書くはずだった記事に、個人的な日記みたいなものを書いてしまったら、何これって思われるだけです。

そんなことばっかりやってたら、ブログから人が離れる原因になります。

自分がブログの書き方について調べたくて、他の人が書いて記事を見て回っているとして、

タイトルだけは「ブログの書き方」なのに、本文が全然関係ない事ばっかりだったら、関係ない部分は邪魔になるだけです。

ちゃんと読まずに、すぐほかのところに行くかもしれません。

自分が思いついたことを思いついたままに書くんじゃなくて、このページに飛んできた人は何を求めてやってきたのかを考えて、

それにこたえられるようにしないといけないんですね。ちょっと難しいです。

テーマに沿って文章を書くってのに慣れている人は、自然とできる事なのかもしれないですが、

文章を書きなれないうちは、自分で自分の文章を厳しく監修しないといけないです。

書くことがなくなったら情報収集に走る

ひとつのキーワードに関係あることしか書いてはいけないってなると、1ページ分埋めるのが大変だと思ってしまいますね。

私も本文を書くときに途中でネタが付きてしまうことはよくありました。

それは私自身がそのネタについて詳しく知らないのが原因なんです。

ひとつのテーマについて関係あるページを片っ端から読み漁るようにしたら、新しい知識が増えて、充分な量の文章を書けるようになるんです。

ネタ探しのために資料を読み漁るのは時間がかかるし、読んでる間にこんなに苦労してまでやる意味あるんだろうかこれって、いっつも不安になります。

けど、徹底的に調べた後に書いた記事って、やり切った感が感じられて気持ちいいんですよ。

実力がないからそこまでやっても大したものは書けないんですが、それでも出来るだけの事ができて満足したなって気分になれます。

ひとつのキーワードで書くネタが途中で尽きたら、いったん書くのをやめて、情報収集に走った方がいいです。

まとめ

自分が書いた記事を、読む人の気持ちになって読んでみると、無駄なところが多いなって思います。

ひとつのテーマに絞って書くっていうのを意識していても、余計な事を書いてしまうのは癖なんでしょうね。

UP済みの記事も、時間がたってから読み返して、いらないところを削って、必要なところは増やしてって、

書きなおしを何度もした方がいいのかなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする