努力を続けるには幸福感が必要 幸福を感じるためには

締め切りギリギリになってようやくやる気が出る人は、一時的な危険回避なので継続してやる気を出し続けることはできません。努力を継続したかったら、危機感に頼るよりも幸福感に頼った方がいいのです。危機感は継続してやる気を出すことはできませんが、幸福感は継続してやる気を出すことができます。じゃあその幸福感を感じるためにはどうすればいいのでしょうか。

目標を決めてスケジュールも立てたのに行動に移せないときは

大きな計画を決めた後に、具体的な小さな計画を立てればいいことはわかりました。頭の中で考えてるだけより、紙に書いた方がいい事もわかりました。でも実行に移そうとすると、心にブレーキがかかるのです。やり方はわかっても実行に移すまでに気力を使います。やろうやろうと思っているうちに、気が付いたら時間が過ぎてしまいます。そういう時にどうするかが今回のまとめの内容です。

計画性を身に着けて、目標を達成する

私は計画性が全くなくて、いつも始めたことが中途半端に終わってしまうばかりでした。もうちょっと目標を達成できるようになれれば、満足感のある人生を送れるようになると思うのです。能力以前に何をどうすればいいのか全然わかっていないのが問題です。目的は、「計画性を身に着ける方法」を知ること、目標達成の方法を知ることです。

最後まで読んでもらえるブログ記事を書くには

ブログを見に来てくれる人が、ページを開いてすぐ帰ってしまいます。パッと見て、つまんなそうと思われてるってことなんでしょうね。何とかしたいので、最後まで読んでもらえる生地の書き方を調べました。重要な点は、ブログ記事を書く前のパーツ集め、うまい文章を書くより飽きさせないパフォーマンスです。

「ブログを書く」カテゴリーの記事が10個貯まったから見返してみた

ブログを書くための知識を得たくて書き始めた「ブログを書く」カテゴリーの記事ですが、10個貯まったので、今までの記事を振り返って、今現在の自分からのコメントをつけてみました。悩み苦しみ落ち込むこともあったけれど、大概の事は正しい知識を身に着けることで解決するし、心も軽くなるってことがわかりました。

ブログ記事の書き方 テーマは一つ ネタがなくなったら情報収集

読む人の立場に立てば、一つの記事には一つのテーマしか入れない方がいいんですよね。ブログの書き方について書くはずだった記事に、個人的な日記みたいなものを書いてしまったら、何これって思われるだけです。このページに飛んできた人は何を求めてやってきたのかを考えて、それにこたえられるようにしないといけないんですね。

ブログ記事を書く最初の第一歩はキーワードを決めるところから

ブログにくるお客さんは、ほとんど検索エンジンから入ってくるそうです。検索エンジンに表示されやすくするには、記事のタイトルと文章の見出しに、キーワードを入れればいいのです。ブログ記事を検索する人は、検索エンジンで自分の知りたいことに、関係のある言葉を入力します。例えば「ブログの書き方」や「やる気を出す方法」などの単語です。